中国の物価と人力 > 基本情報

本文へ
サイト内検索

基本情報


中国の物価と人力

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 6,466회 작성일 08-04-17 23:56

본문

中国の物価

中国の物価と人力


中国は改革以前には物価が長期間安定していたが改革・開放以後少しずつ上昇し始めた。 1987年までは概して3.5%の安定水準を維持したが、以後趙紫陽の登場で経済改革が急速に進展するや1989年天安門事件以前まで年17%から18%のインフレを記録した。
このため緊縮路線に転換し、1990年には小売物価上昇率が2.1%に安定されたが、一方で失業が増加し、雇用の拡大が至急になると緊縮政策を終了することになった。
 以後の高い経済成長はまた物価の上昇を引き起こし、1992年5.4%、1993年13.2%、そして1994年度上半期には19.8%まで拡大した。 しかし1995年17.1%を峠にして1996年8.3%を経て、1997年2.8%、1998年0.8%、1999年1.4%、2000年には0.4%まで安定した。

中国の悩みはこれから経済成長と物価安定という二種類をどのように適切に調和するかにある。 中国の労働力は各種機関・団体・企業に従事しながら、固定給を受ける就職労働者[職工]、都市の個別労働者、農村の集団労働者と個別労働者で告ャされている。 中国は固定工制度を基本に雇用制度を施行してきたが、これは政府が労働力を配置し、職業・賃金を決める制度である。 改革・開放以後経済領域の拡大と自由化に伴い、労使間の契約形式が導入されることになって過去の‘鉄飯碗’という一生職場概念が揺れ、 失業率は2005年基準で9%にまで達した。

新しい雇用制の基本方針は公開採用、自発的支援、優秀人材採用、労働者の見習期間制度化、収拾成績にともなう採用、自由な退職許容などを根幹とする。
1952年から始まった社会主義分配原則に立った計画賃金制度の中国の賃金は全般的に低い水準を維持した。 経済改革以後は賞与金および成果給を支給し、食品価格変動補助と昇進にともなう賃金加算制などの制度により、賃金国「が改善されたが、賃金は個体経済や私営経済で最も早く上昇された。


2000年上半期の都市地域の賃金勤労者達の平均賃金(6ヶ月)は4.177中国元、国有企業4.296中国元,民間企業2.777中国元、その他産業単位4.904中国元である。 金融保険5.881元、科学研究、総合技術サービス業5.844元、電力・ガスおよび水道業5.796元が製造業の平均賃金3,829中国元よりはるかに多くて毎年格差が激しくなっている。
2004年には石油化工が7.949元、金融7.457元、運送および物流7.269元など主要製造業と金融業では7.000元を上回るようになった。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 21건 2 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
693
어제
753
최대
971
전체
122,474


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.