中国の社会保障 > 基本情報

本文へ
サイト内検索

基本情報


中国の社会保障

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 4,541회 작성일 08-04-18 00:12

본문

 中国政府は 2000年に国家と民営保険会社、 勤労者本人が一緒に福祉費用を負担するように社会保障制度を根本的に変える巨大な実験に突入した。
同じ年に発浮オた第10次経済・社会発展 5ヶ年計画(2001~2005)から 2005年まで社会保障制度を完備すると言った。 この計画は法によって年金保険の実施範囲を拡大し、 社会統合及び社会・個人の負担をお互いに結合する都市勤労者基本年金保険制度をずっと改善するということを内容にしている。
 中国は 1951年に労動保険規定が導入し、大躍進期間中には人民公社を通じる福祉プログラムが施行されたが、文化革命期間には生産性を強調して労動保険規定の実行がほとんど成り立たなかったし、 1978年労動保険規定が再改訂されてからその役目が回復した。

1982年年寄りのための福祉プログラムを向上しようと年寄り福祉法令を制定して年寄りの 五保(食べ物・衣類・医療・住居・葬礼の保障)を告ャした。 1985年 7次 5ヶ年計画(1986縲鰀1990)に初めて社会福祉事業、社会救済事業と報勳事業を改善して完備しようとする条目が添加された。 1993年 11月には 2000年までの全人口を対象で社会保障制度を穀zするはずだと明らかにしたが、失業手当、 医療及び年金恩恵など基本的な社会福祉実現を主要内容にした。

中国は 2020年に 80歳以上の年寄りが 3千万人を越えるようになる。 これに反して家族規模は急速に縮まっている、 したがって年寄りの面倒を見る問題は今後大きい社会問題になることと見通している。これは中国社会保障体系の重大な挑戦である。2007年基準の養老年金保険加入者は 1億 3千万人ですが、受恵者は 4千万人位にしかならない。 中国の経済活動人口を 7億人で推算する時 6億人に近い人口が養老保険に加入されていない状況であることだ。 これを解決するために中国政府は分配に焦点を置いて租税政策を改革して高所得層に税金をもっと負担させる政策を施行計画中である。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 21건 2 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
693
어제
753
최대
971
전체
122,474


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.