中国の言語と文字 > 基本情報

본문 바로가기

サイト内検索

基本情報

中国の言語と文字

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 08-04-18 00:15 view 8,248回 コメント 0件

本文

 漢字で代表される中国語は世界で一番多くの人が使う言語である。
ラテン文字に代表されるアルファベットが一つの音価を表記する音素文字であるのに対し、漢字は通常、一つの意味(形態素)と一つの音節を表す。一字が一義を表すことだけを重視して表意文字としてきたのであるが、これは古代中国語の一音節が一つの意味を表す孤立語的な言語構造に由来するのであって、正確には音と意味両者を表記する表語文字である。つまり、1字が1語を表しているのである。

中国語は一般的に漢語と呼ばれ、 1956年以後は中国の標準語は普通話と呼ばれている。 中国の標準語は数百年の間使われていた北方漢‘話を基礎にして、北京語音を標準音にして現代白話文を語法標準にしたものである。

中国語は地域によって差が大きいが、概して北京語、蘇州語、広東語、福建語、客家語で大きく分けられる. このなかでも全体人口の約 70%が北京語を使う。 中国語の語音特性は声母・韻母・声調の要素で告ャされているが、特に声調の場合うーんの高低に従って 4種の声調を持っていることが特徴である。 中国の文字は漢字で、 その数は 6万余字に達する。

しかし現代では常用漢字を 3,500字位に制限して使っている。 また 1964年には漢字を簡単に使うように簡体字を開発し、現在、広く普及している。 民族自治区では少数民族の言語も一緒に使われている。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 21件 2 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.