中国の教育 > 基本情報

본문 바로가기

サイト内検索

基本情報

中国の教育

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 08-04-18 00:16 view 7,217回 コメント 0件

本文

 1982年鄧小平は “教育は現代化に向けて、世界に向けて, 未来に向けて行わなければならない”と言ういわゆる ‘三個面向’を提示し、これが以後中国教育の改革と発展方向の指標になった。
1985年 ‘義務教育法’を公布して 9年制義務教育を始め、教育省を廃止して国家教育委員会を設置し、教育制度の全面的改革を断行した。
過去には社会主義式の人材を育てる事に重点を置いて来たが、改革・開放過程で実用的な科学技術と専門技術教育を発展させるため、中等教育で直接技術教育を発展させて高等教育では文科教育の再建、重点大学(いわゆる一流大学)の育成, 大学の自主性認定, 田園寮生活に学費免除という既存制度を改めるなどの改革案を用意した。
 
基本的学制は幼稚園、小学校、中学校、高等学院(大学含み)になっていて、学制は近代教育の手始めといっしょに 6・3・3制を受け入れてから 1951年から 5・3・3制、 文化革命期に 5・3・2制、 そして現在は 5・4・3制を施行中で地域によってその差が多い。
日本の大学にあたる高等院校には大学、 専門学院、専科学校及び附設研究部などがある。1997年末の統計では1020校に研究生 17万 6400人、本科専門大生 317万 2700人がいる。 このなかに高級人才養成の核心になっている重点大学は 1954年に中国人民大学、 北京大学、 清華大学が指定された以来、 1981年にはその数が 96大学にのぼる。これといっしょに農業中学、 高専、 職業技術学校などが設置されていて、 全日制が困難な学生及び大人たちのための教育機関も設置されてある。

現在設置されている機関は織工大学、農民大学、 普通高等学校通信教育部、夜間大学、 幹部専修科、管理幹部学院、 教育学院及び教師養成学校、 テレビ放送大学などがある。

中国の教科課程は道具教科(国語・数学・外国語), 文科系(文科系:地理・歴史・政治), 理科係(理科系:物理・化学・生物), 芸術界(芸術系:音楽・美術・体育)に仕分けされている。

貧乏によって小学校学業をあきらめる学生たちのために 1993年から ‘1+1 運動’を展開して貧しい子供の教育費を支援しようという動きも起きたが、一方高級で学費が高い私学も登場して教育の質の両極化現象が現われている。

 2000年基準で 15歳以上人口の文盲率は 18.5%だったが 2003年基準では 10%迄減っており、男は 4.9%, 女は 13.5%の割合を現わしながら農家を中心に女が相対的に教育の機会が剥奪されている現像が起きている。 中国は福祉政策の一つで 2007年から 9年制義務教育を実施し、全ての学費を免除するという政策を出し、教育に全力を掛けている。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 21件 2 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.