神と仙 中国の神仙文化  > 中国文化

본문 바로가기

サイト内検索

中国文化

神と仙 中国の神仙文化 

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 08-07-28 15:58 view 23,672回 コメント 0件

本文

仙は(神仙)、(仙人)、(仙子)、(仙夫)、(仙公)、(仙客)とも言うし、 その形象が年寄りの場合には(仙翁)といって、女性の場合には(仙姑)だと言って、多人数の場合には(仙曹) または(仙衆)という。
(仙)と言うのは神さまでもなくて人でもないが、 神さまのようでもあって人のようでもある。 (仙)は(神界)と人間を行き来して、 神秘感を加える。 先に(神)と(仙)、(仙)と(人)の差に対して調べる.

≪曉望洞天福地-中国的神仙与神仙信仰≫という本にはこのような内容がある。
1.(神)は霊魂不滅の産物として、人が神さまに変わることであり、生きたまま神さまになる場合はない。
 (仙)は魂と肉体が共にに死なない事を指している。 特に肉体の意味を重視するが換骨脱皮という言葉は肉体をあきらめないという事である。

2. (神)になることは完全に自然的な過程で神さまになろうとする動機や努力は必要ない。
(仙)になる過程では自覚的意識が現われて、結局非常に大変な修練過程を通さなければならない。

3. (神)が現わすことは集団的な人格として、 力強い社会意識を持っており、彼らの行為は民衆たちの生活を取り囲んで展開る。
(仙)の場合は自分を中心にした明確な人格を現わす。よく見える勧善懲悪、済貧や救救恤などの行為は皆(仙)の個人の不老長生のためである。

(仙)は人間ともっと近いが最大の違いは人は死ぬが(仙)は老けるが死なない(老而不死)と言う所である。
世間でよく非凡な人を言って(仙)と呼ぶ場合があるが酒仙、詩仙などがそう言う例である。

(仙)は道教観念によって形成されたことだが、 これに対して歴史的にまちまちな解釈があって来た。 ≪説文解字≫には “仙、長生仙去也”となっていて≪釈名≫ <釈長幼>編には “老而不死曰仙  遷也、遷入山中也”のように肉体は死ぬがその魂は死なないし、 その魂が人々の崇拜対象になることはすなわち神さまと呼ばれる。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 27件 1 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.