• ブックマック
  • オンライン 26
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

中国文化


4大発明

6,881 2010.01.27 23:51

짧은주소

본문

羅針盤

羅針盤の発明は中国人たちが長期間の生産活動中で物体の磁性を認知した結果だ。 人々は作業の中で磁鉄鉱を接しながら徐徐に磁性を理解し始めたし、 また磁石に鉄を引き寄せる性質があることを見つけたし、 後にこの磁石が決まった方向を示す性質も持っていることを見つけた。
中国人たちは北宋時期にもう人工磁石を作る二つの方法を発明した。 その一番目の方法は沈括が言及したことで、天然磁石で針を擦る方法だ。 他の一つは地球磁場の作用を利用して鋼鉄を磁性化させるのだ。 磁性化過程を経った針に灯心何本を通して水がいっぱい盛られた器におけば、 すぐ水の上に浮び上がって航海中の船のために正確な方向を示すようになるのに、 これがちょうど世界最初の方向測定道具である羅針盤だ。 中国人は羅針盤を発明することで人類の航海に大きい便宜を提供した。
 
火薬

火薬は硝石と硫黄、 そして炭三種類物質を混合して作った物で昔の人々はこの三種類が皆病気を治療するのに使われる薬剤と思ったから、 ‘火が付く薬’という意味で ‘火薬’と名付けた。
 秦漢時期以後に錬丹術士(道家の丹薬を作る人)たちは硫黄、 硝石などの物質を使って丹薬を作ったが、 この過程の中で偶然に起きた爆発現象に着眼して何回の実験を経って火薬製造秘法を捜し出した。 三国時代にすぐれた技術者馬鈞は紙で火薬を包んで遊び用 ‘爆竹’を作り出したし、 これは火薬応用の嚆矢になった。
唐国末頃、 火薬は軍事的に応用され始めたが、 人々は石ころを遠くうって送る投石機を利用して火を付けた火薬を放して敵軍にやけどを加えたから、 これが一番原始的な形態の火砲だ。宋国の時に至って人々は火薬を満たした竹筒の裏側に小さくて細い‘方向針’を縛った。そして煙管上の硝石に火を付ければ、 これは装填した火薬の迅速な燃焼を誘導することと同時に、 前に進む推進力を生んで、敵陣に飛んで爆発するようになる。 これが世界最初のロケットだ。 後に火繩銃と鉄砲も発明したが、 この皆が竹筒を使って作った原始的な円筒状火器で近代銃砲の初期模型である。

 
製紙術

約3500年前、殷国時期には亀皮とけだものの骨に字を刻んだが、 これが甲骨文だ。 春秋時代に至っては竹切れや木切れが亀皮とけだものの骨の代わりをしたから、 これは竹簡あるいは木迚贀(字を刻んだ木板)という。西漢時期宮廷貴族たちの中には絹や柔らかくて薄ら布地に文を書く者もあったが、 その価格が高過ぎて少数の王宮貴族たちだけ使うことができた。 紙はもうB。C。 2世紀の西漢初期から存在した。東漢和帝元興元年(西紀105年)に蔡倫は過去の絹物製造経験を土台で木皮と穴があいた網、 破れた布地、 麻などを原料で植物性纎維を抽出して書きに相応しい紙を製造し出した。 こういうわけで紙は普遍的な書き材料になった。
製紙術は7世紀に韓国を経って日本に伝えたし、 8世紀中葉にはアラブに伝わった。 ヨーロピアンたちは 12世紀に至ってからこそ中国の製紙術を学んで工場を建てて紙を作り始めた。

 
印刷術

印刷術は隋国の時刻版印刷から始まった。 その後宋国の仁宗 時期畢昇の改善及び補完過程を経って活字印刷が誕生したし、 畢昇は印刷術の開祖に推仰された。 印刷術は人類の近代文明を善導したし、 知識の広範囲な伝播と交流に莫大な貢献をした。
刻版印刷は木版に左右が後先になった字を彫り上げして、 その上にインクをつけて紙に刷り出す方式なのに、 新しい本を取る度に新たに木版に字を刻まなければならなかったからその速度が非常に遅かった。 一つ間違ってもはじめからまた刻まなければならなかったから、 刻版作業がいくら大変だったのか十分に見当をつけることができる。北宋時期刻版技術者畢昇は西紀1004年から 1048年の間に粒子がきれいで粘性を帯びた粘土を使って上面が四角形である柱模型たちを作って、 それぞれの上面に左右が後先になった字を一つずつ刻んで入れた。
このように作られたそれぞれの字が刻まれた印鑑たちを焼いて堅くしたのが活字だ。 この活字たちを文章の内容によって順に金属枠の中に配置して印版を作って、 また加熱して平たく押せば印刷ができるのだ。 そして、 印刷が終わった後金属枠で活字を引き離して保管してから次印刷をする時また配置、 活用すれば良い。 このような印刷方法は原始的で簡単だが、 現代の活字刻版印刷の原理と違いなくて、 こういうわけで印刷術は新しい時代に進入するようになった。
その後、元国の時は有名な農学者、機械学者である王譯「が木活字を発明したが、 同時に漢字の複雑な特性にふさわしい比較的に早くて、 簡便な回転式配置の方法も考案したし、 その後に金属活字が発明されながら活字印刷はいっそう発展するようになる。

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 27건 1 페이지
열람중  4大発明

羅針盤 羅針盤の発明は中国人たちが長期間の生産活動中で物体の磁性を認知した結果だ。 人々は作業の中で磁鉄鉱を接しながら徐徐に磁性を理解し始めたし、 また磁石に鉄を引き寄せる性質があることを見つけたし、 後にこの磁石が決まった方向を示す性質も持っていることを見つけた。中国人たちは北宋時期にもう人工磁…

中国の龍文化

中国"龍"文化中国人はよく龍の子孫、龍の後継者と自負する。 ‘龍’は中国文化で特殊な意味を持った神と同じ存在で世界各地で中国血統を連係できる唯一の共同文化でまた中国歴史と文明を象徴する代名詞の役割をする。 龍は現実世界に存在しない想像上の動物で伝説では龍の角は鹿角と同じで頭はラクダ頭、目はウサギ、耳…

皇帝と御膳坊

北京の町にある"御膳料理"等の料理屋は著名な宮中料理店として宮中の豊富な料理らをお目見えしている。 だがこれは真の御膳の小さい部分に属するだけで全部をみな代表するのではない。 宮中"御膳坊"はきらびやかな紫禁城構成の部分として何百年以来に数多くの民間美食を集結して皇室家族に提供したし、時間が流れて宮…

中国結び

中国結びは中国で独特な手工工芸品として数千年の歴史を持っている。上古時代から起源して唐と宋国の時大きく発展したし、明と清国の時一番多い人気をあつめた。 今日に至っても相変らず中国伝統文化の代表で人々から愛されている。 神を象徴する結び中国結びは長い歴史を持っているし、悠久な文化的融化で中国結びに独…

蠍落R道教

道教は黄帝と老子をドグマにした中国の土着宗教で、先秦、斉国時期に盛んだ巫術と神仙術法は中国最初の道教原型である。道教は後漢時期沛国の張道陵が初創したことで伝わっているのに張道陵は初期に五経を勉強している途中晩年に長生道を学んで金丹法を悟った後鵠鳴山に入って道書24編を作って信者を集めた。 数百年の…

チャイナドレス-旗袍(チーパオ)

チャイナドレス-旗袍の起源旗袍の起源は遠くの春秋戦国時期の深衣にさかのぼる。 深衣は春秋戦国時代から漢代まで人々に広く愛された服だ。後世の袍(中国式の長い服)はたぶんこの深衣とどの位淵源関係があるようだ。実は深衣は袍とはちょっと違う。 深衣はツーピース形式で上着とスカートを一つで連結したような效果を…

三寸金蓮-纏足

纏足の模様が蓮華と似ていてまた中国で"貴"を表現する時"金"字を付けるのが好きな習俗によって中国古代女性の纏足は "金蓮"という美しい名前を持った。三寸金蓮の発展は概して4段階を経った。1。 最初には成長発育が止まった女性の二つの足を布地で包んで小さく見えるようにした。2。 最初の纏足は長さが5寸左…

伝統服装 漢服

漢服の起源 生産力が極めて低かった原始時期に服の起源は人類において実用性で始まった。 石器時代の始まった後人々は道具作りと使用方法を悟ったし骨で作った錐と針を発明した。したがって原始服装を創造するようになったのである。約 5000余年前中国新石器時代の仰韶文化時期の人類の生活は徐徐に安定したし原始…

礼楽文明

世界その他地域の青銅文明は主に青銅兵器と道具だが中国古代青銅器は礼器と楽器を主とする。 B.C. 11世紀頃西周王朝の統治者たちは完全な礼楽制度を新たにつくって国家を管理した。 礼楽文化の強烈な影響の下に中国古代各地域文化は大融合と統一の過程を始めた。 中華文明としての礼楽文化は世界その他古代文明と…

庭園文化

中国古代庭園の中で官吏、商人、地主など個人が所有している庭園を個人庭園と言う。 魏晋南北朝時代の文人士大夫は現実を回避するために山水に寄託して隠居生活をした。 彼らは住宅周りに山と水があり、美しさを持った小さな庭園を作り始めたがこれがまさに個人庭園の始まりである。 唐朝は中国庭園の全面的発展の時期…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?