周恩来 > 中国人物

本文へ
サイト内検索

中国人物


周恩来

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 7,526회 작성일 09-05-20 21:05

본문

周恩来-偉大な無産階級革命者


周恩来(1898~1976)はマルクス主義者、 プロレタリアート革命家、 政治家、 軍事家、 外交家である。 中国共産党と中華人民共和国の主要リーダー中の一人で中国人民解放軍創設者中の一人でもあり、1949~1976年の間に中華人民共和国総理を歴任した。 本籍は浙江省紹興で、 江蘇省淮安で生まれた。
 
1917年天津南開学校を卒業して日本に渡って学業を続いた周恩来は1919年中国に帰って9月に南開大学に入学した。 5. 4運動では天津学生係の代表になったし、 他の活動的な人々と一緒に進歩団体である覚悟社を組織した。
1920年フランスに渡って一人で留学し、1921年中国共産党に加入したし、 1922年には趙世炎(共産党初期主要人物) などとヨーロッパ中国少年共産党(翌年に中国社会主義青年団ヨーロッパ支部と改名)を組織した。
その後に中国社会主義青年団ヨーロッパ支部に書記、 中国共産党ヨーロッパ支部長を歴任した。
1924年秋中国に帰った以後広東黄浦軍官学校政治部主任、 国民革命軍1軍政治部主任、 第1軍党部代表などを歴任した後、 続いて中国共産党広東地域委員会委員長、 常任委員兼軍事部長を歴任した。 1927年 3月北伐を始めた国民革命軍が上海隣近に到逹すると、 上海労動者たちの第3次武装蜂起を領導して上海に駐屯していた北洋軍閥部隊を追い出した。 5月中国共産党第5次全国代表大会で中央委員に当選されたし、 5期 1中全会では中央政治局委員に当選された。 7月中国共産党中央政治局臨時常務委員会委員(総 5人)を歴任した。 
国共合作が決裂された後彼は賀竜、葉挺、朱徳、劉伯承などとともに8月1日江西省南昌で武装蜂起を導いて中国共産党先鋒委員会書記を歴任した。
1928年中国共産党6期1中全会で政治局常任委員に当選されたし、 その後中央組職部長、 中央軍委書記を歴任した。 当時中国共産党中央は上海で秘密に活動していた。 彼は中国共産党中央の安全を保障して、 各地の共産党武装闘争を指導して、 国民党統治区での革命事業を発展させるのに重要な役目をした。 この時期に彼は実質的に中国共産党中央の主要責任者だった。

1931年以後中国共産党ソビエト地区の中央局書記、 中国工農紅軍総政治委員兼第1方面軍総政治委員、 中央革命軍事委員会副主席を歴任した。 1933年春、 朱徳とともに紅軍を指揮して国民党軍隊の中央革命基地に対する第4次討伐を退けた。 1934年10月長征に参加した。 
1935年1月、 貴州省遵義で挙行された中国共産党中央政治局拡大会で(すなわち準議会)毛沢東の主張を支持して続いて中央の主要軍事リーダーの一人に選出された。
1936年 12月、 当時陜西省西安に駐屯していた張学良と楊虎城が抗日を拒否して反共に専念した蒋介石に反旗をあげて彼を武力で拘禁する '西安事変'を起こした。 周恩来は中国共産党全権代表に任命されて秦邦憲、葉剣英などとともに西安に行って蒋介石と交渉をした。 遂に蒋介石から "内戦を中止して一緒に抗日しよう"の要求を受けるという返事をもらうことで第2次国共合作を成功させた。 
抗日戦争時期に周恩来は中国共産党を代表して長い間に重慶と国民党統治地域に泊まりながら統一戦線の課業を遂行して、 各界の抗日力量を結集させて中国共産党中央長江局と南方局の任務を領導した。 彼は国共合作を堅持して、 民主党派、 進歩的な知識人士、 愛国人士、 国際友好人士たちを積極的に結束して反共の逆流を制止して日本投降危険を克服した。

1945年中国共産党7期1中全会で中央政治局委員、書記先の書記に当選した。 抗日戦争で勝利した後彼は内戦を制止するために中国共産党代表団を導いて国民党と交渉を進行した。
1946年夏全面的な内戦が始まった。 その後彼は中央軍委副主席兼総参謀長代理を歴任、 毛沢東組職に協力して解放戦争を指揮すると同時に国民党統治区の革命運動を善導した。
1949年中華人民共和国樹立以後ずっと政府総理を歴任しながら外交部長、 中国人民政治協商会議の全国委員会副主席及び主席、 中国共産党中央副主席、 中央軍委副主席などを兼任した。 彼は党と国家の日常的ながらも複雑な業務を処理した。 中国の国民経済を発展させるための初めいくつの 5ヶ年計画は全部彼の主管下に制定されて組織的に施行された。 彼は経済建設は必ず安定的で均衡的に進行されなければならないと主張した。 彼は社会主義時期の統一戦線事業と知識人事業、 科学文化事業に特別な関心を傾けて多くの成果をおさめた。 

彼は重大な外交政策の制定に参加して直接それを実行した。 1954年にはジュネーブ会議に参加した。 この会議でインド中国問題を解決して、 ベトナム(南方除外)、 ラオス、 カンボジアの独立のための国際的承認を得るようにした。 彼は中国を代表して平和共存 5項目原則を提唱して国家と国家の間の関係に対する基準を作った。 1955年アジアアフリカ 29ヶ国がインドネシアで行った "バンドン会議"で平和共存を主張して植民主義を反対した。 続いて彼はヨーロッパ、 アジア、 アフリカ各国を巡回して、 世界各国のリーダーと友好人士たちを接見することで友好増進に多い努力を傾けた。
文化大革明時期に彼は林彪と江青集団の破壊工作に対して多方面で闘いを展開した。 すごく難しい状況の中でも必要な国家事業を施行することで文化大革明によった損失を減らすのに最善をつくして、党内外の幹部たちを保護するにも努力を惜しまなかった。
彼は中米、 中日関係の正常化を実現させてUNで中国の地位を回復するために卓越な力量を発揮した。 1972年膀胱癌にかかった以後にもずっと業務を見た。
1975年第4期全国人民代表大会の第1次会議で中国共産党を代表して中国に工業、 農業、 国防、 科学技術の現代化を実現しようという呼訴文を提出した。
1976年 1月 8日北京で世を去った。 彼の主要な著作は全部≪周恩来選集≫に収録されている。 周恩来は 20年代に鄧穎超と結婚したし、子供はいない。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 55건 4 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
1,143
어제
1,325
최대
2,961
전체
426,707


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.