襍オ紫髦ウ > 中国人物

本文へ
サイト内検索

中国人物


襍オ紫髦ウ

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 6,960회 작성일 09-05-21 12:43

본문

[0]0s.jpg

襍オ紫髦ウ-改革解放の先駆者


1980~87年総理、 1987~89年中国共産党総書記を執り行なった。
河南省の地主家門で生まれて1932年に中国共産主義青年団に加入したし、 1938年に中国共産党に入党し、第2次世界大戦中には中国北部の地方党社で働いた。 1949年中華人民共和国が樹立された後広東省で移し、1965年その地域の共産党第1書記になった。
1967年文化大革明期間中に更迭されてから後日また復権され、1975年四川省に共産党第1書記として派遣された。 四川省は中国で一番人口が多い省だったが、 彼はその地域の産業である農業生産量を大きく増大させた。 このような成果をおさめることができたことは労動者たちに必要な報酬を中央政府が決めた割当量に策定してくれないで労動量の成果によって給料を支給して個人の創意力を勧奨するなどの独創的な政策を取ったからだった。 なおかつ工場労動者たちにはもっと多い自治権を許容したし、 農民たちには私由耕作地の拡大を許容した。 このような成果は当時中国共産党の実質的なリーダーだった鄧小平の注目を引くようになって彼は急速に出世した。 1977年政治局候補委員、 1979年政治局委員、 1980年 2月政治局常任委員会委員になった。

1980年の初に副総理に任命されたし、その年 9月には総理だった華国鋒が退いた後に総理になった。 経済的な成果を実験して見るために生産力を引き立てることができることならどんな構造・制度・政策・方案を変えても良いと勧奨した。 総理になった後は四川省で実施した政策を全中国で拡大することができるようになって多くの企業体が制限的でも独自の経営権を得たし、 農民たちは自分の生産と利潤に対してもっと大きい支配力と力を持つようになった。 1980年代にわたって彼の実用的な方針によって農業と軽工業の生産が皆急速に増加したし、 彼の政策は中国将来の経済のための指導的な原則になった。
 
1987年胡耀邦が中国共産党総書記代理職で解任された後は党総書記代理職に任命された。 11月に公式的に党総書記になって李鵬に総理職を引き継いだ。 彼は党総書記として企業に対する政府の統制を緩和する政策を長続きさせ、経済を加速化するために中国の沿岸地域に経済特区を創設するように主張した。 一方李鵬総理は政府の計画と指導にもっと頼る愼重な政策を取った。


1989年 4月民主化を要求する大規模学生デモが北京で起きた(天安門事件)。 デモが続いてその規模が徐徐に大きくなりながら党指導部内でデモ者たちの要求に一定に共感する襍オ紫髦ウ一派と武力を利用してデモを押えようとする李鵬一派の間に深刻な分裂が起きた。 デモが違う都市たちに拡散して中央政府を無力にする危険性が見えると中国の最高リーダーである鄧小平は李鵬を支持して戒厳令を発布して、軍隊を投入してデモ隊を押えた。

1989年 6月 24日襍オ紫髦ウは党と政府内で占めていた最高の地位で公式的に解任されて後を引き継いで江沢民が党総書記織に上がった。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 55건 4 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
1,151
어제
2,961
최대
2,961
전체
417,620


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.