陶淵明 > 中国人物

本文へ
サイト内検索

中国人物


陶淵明

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 7,054회 작성일 09-05-21 12:50

본문

5_04.jpg

陶淵明-中国田園詩派の開拓者


<東方籬下に植えた菊花はちょうどいい季節よ、取ったまま南山を静かに見つめているのに> この二言の古代詩句節は中国でとても有名である。 この詩句が見せてくれた自然で気軽い境界は中国多くの有名な人士と文人たちが追い求める理想的な人生になった。 この二つの節の詩の作者である東晋文学家の陶淵明は中国田園詩派の開拓者である。 彼は一生安貧楽雍アして自然を崇尚したし、 高潔で素朴で率直な彼の性格は中国歴代文人の讃揚と崇拜を受けた。
陶淵明は紀元 4世紀東晋時期に暮した。 彼の曽祖父である陶侃は東晋の開国元勛だったし、祖父とお父さんは官職をした。 陶淵明が 8才の時父親が世を去って家門はますます沒落した。 少年時期の陶淵明は官職を出ようと政治的に大きい発展を持って来るのを待ったりした。 しかし東晋時期は戦争が止むことができなくて朝廷が腐敗した。 天性が純朴な陶淵明は 29歳に初めて官職の席に座った後官吏達の腐敗と暗黒に不満を抱いて官職で退いて家に帰った。 その後陶淵明は生活の圧力に負けて何回も小さな官職をしたが官職をやめて帰った。 
ますます貧乏になった陶淵明は農業をやることで家庭生活を維持しにくくて 41歳になった年は仕方なく再び官府に行って官職を模索して彭沢県の県知事になった。陶淵明が普段に功名と富貴を見下して権勢ある者に取り入らないことで県知事に担当してから 80何日ぶりに辞職してしまった。 この時から陶淵明は管理社会と永遠に告別して農業をして生計を続ける隠居生活をした。
 
陶淵明の田園生活は非常に貧しかった。 彼が 44歳になった年不幸にも火事になって生活はまさに大変だった。 <夏には飢えた膓をなぐさめて冬には布団なしに眠る>と言う詩句節が彼の貧しい生活境遇をそのまま見せてくれた。 しかし陶淵明は精神的にはとても余裕があった。 この時期がまさに彼の創作豊作期として彼はこの時大量の田園の詩を作った。 彼の筆下で農村生活と田園景色は初めて重要な審美対象になったから彼は詩歌として田園生活をきれいに美化したし、苦しい現実世界の精神避難所でなぐさめた。

陶淵明の晩年も貧しくて寂しかった。 ある時は甚だしくはもの乞いによって日々を過ごしたが、一番難しい時彼は再び朝廷の徴用を拒否して政治と管理社会から避けた。 陶淵明は晩年に著名な散文である<桃花源記并詩>を創作して桃花源式の社会を作った。 <桃花源記>ではある漁民が桃源に間違えて入ってそこで一群れの人を見つけたが、この野の先祖は戦乱を避けるために桃源に隠居して暮しながら世世代代桃源を離れなかったという話を敍述した。 こんな人々は外部世界の物情に対して全然分からなくて天生的に純粋で素朴で勤勉に働いて何らの懸念心配がない平和な生活をした。 <桃花源記>は美しい想像としてその頃乱れている世の中で太平社会に対する民衆たちの志向であった。こんな空想的な社会が実現することができないが 、<桃花源記>が見せてくれた光明した理想と作者の美しい言語は作品について永遠な魅力を発揮するようにした。 
陶淵明は百余編の詩と10編ぐらいの散文しか残しておかなかったが、中国文学史でとても重要な地位を占めている。 陶淵明は初めて大量の農家生活と労動を詩に書いて入れた文学家だ。 その頃陶淵明が処していた東晋時期は形式主義が主になっていたので多くの人々が創作で派手な文彩だけ追い求めたが、陶淵明は田園の詩と言うこの新しい素材を開拓した。 陶淵明の詩は中国伝統的な詩歌の古めかしくて素朴な作品を受け継いだこととして生気に充満されているし、彼の作品は言語が素朴で新しくて上手だ。 陶淵明の詩は一里塚のように古めかしくて素朴な詩歌が到逹することができる高さを現わしている。 陶淵明の人格と思想も歴代中国文人及び学士たちの尊敬を受けた。 

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 55건 4 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
383
어제
2,961
최대
2,961
전체
416,852


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.