李世民 > 中国人物

本文へ
サイト内検索

中国人物


李世民

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 8,887회 작성일 09-05-21 13:02

본문

[0]12.jpg
李世民-唐王朝を繁栄させた唐の太宗


封建皇権時期はもし皇帝が開化した考えを持って部下の建議を受け入れて民心を安定させて税金を減兔したらその皇帝は立派な皇帝と言えるだろう。 もし多くの分野で先例を打破して業績を成したらやっぱり彼を偉い皇帝と言えるが、中国歴史上李世民が正しくそのような皇帝であった。
李世民は紀元 7世紀から9世紀にわたって生活した中国唐国時の二番目の皇帝だ。 627年から始めて23年間執権した李世民は太子を殺害して武力で父王の王位を脅かした原因で即位過程はあまりきれいではないが、相変らず当時と後世の高い評価を受けている。 李世民の業績はとても多い。 彼が執権した 20余年間農業施設を大きく建設したし、農民の租税を増加しなかったのはもちろん減兔までした。 彼には有名な政治格言があった:君若舟、民若水、水可載舟、亦可覆舟。民は皇帝を擁護することもできるし、政権を覆すこともできる。 だから李世民は民たちの意見を取り集めることをとても重要視して来た。  
李世民が後世の人々から評価される事は二つである。 一つは1千3百余年間も中国で影響力を行使した科挙制度と教育制度を決めさせたことで他の一つは中国のすべての皇帝たちの中で一番虚心坦懐に臣下たちの意見を受け入れた皇帝というのだ。
唐国以前には中央から地方に至るまで軍職や文職を問わず官僚体制は世襲を主とした。 いくら才能があっても平民たちなら統治階級になることは難しい事だった。 中国の科挙制度はたとえ唐以前に立てられていたが、完全で厳密な人才選抜制度と定着したのは唐国からである。
李世民は即位の後に科挙制度を通じて人才を選抜することを提唱した。 試験科目は法律、 歴史、 数学などで決めたし、全国に二つの大きい試験場を設置しておいて試験を受けたが、受験生の出身や地位を問わず一律的に優秀な者を採用して各政府に登場させた。 この制度は唐以後各朝代にもたくさん導入したし、一般人たちも才能だけ兼備されれば試験を経って政府機関に進入することができるようになったが、政権の效果的な運営を保障した。
李世民が臣下たちの意見を受け入れた歴史上記載はとても多い。 李世民の即位初期に元律師と呼ぶ人が皇帝を怒らせた。 李世民は怒りすぎて元律師を殺してしまおうと思った。 この時大臣の孫伏伽が法律に根拠すれば元律師は死ぬ罪を犯しでないのにどうして酷刑を加えることができるのかと進言した。
李世民は静かに聞いた後元律師を放してやったし、孫伏伽に園林1ヶ所を賞で下賜した。 外の人々は孫伏伽が進言した事はとても平凡な事に過ぎないのに下賜した賞があまりにも大きいと提出すると李世民は "私が即位した後に私に直接諌言した人が一人もいなくて孫伏伽が初めの人だと言いながらこれはとても貴重なことなので大きい賞を受けて当然だ"と解釈した。 李世民はまた大胆に進言するのを楽しむ魏征を諌議大夫と任命して専門に国家大事に関して皇帝に意見と建議を申し立てるようにした。 
直諌を励ました原因でひととき朝政には大胆に直言する人々がとても多かった。 李世民は自分の約束を履行したし、本当に諌言を受け入れた。 歴史によれば、魏征は早く何回も多い人々の前で李世民の誤った言行あるいは決策に対して指摘したし、時には甚だしくは皇帝をとても困り果てるようにしたが、皇帝の罰を受けなかったと言う。 これは中国歴史では有り得ない事例である。 
李世民にはまた一匹のハイタカがいたが、彼はハイタカがとても好きだった。一度はハイタカを自分の腕に座らせて鑑賞する場面を大臣魏征が目撃した。 李世民はすぐハイタカを自分の胸に隠した。李世民は魏征が "好きな物を持って遊びながら進取的な意志を落とす"と自分を叱るのが恐ろしくて敢えてハイタカを懐で取り出すことができなかった。 ハイタカは李世民の懐で窒息して死んでしまった。
 
魏征が死んだ後李世民はとても悲しんだし、 自ら尋ねて行って哀悼を示した。 李世民は "あかがねを磨いて作った鏡は人の見掛けを貞潔にさせてくれて、 去る歴史は成敗と興亡が分かるようにする。 人を鏡にしたら自分の正しさと手違いを正確に見られる。 魏征の死は私に言えば鏡を失ったことと同じだ。"と言った。 この三つの言葉は今まで伝わって来ながら中国で一番有名な人生警句になった。

李世民は在位期間に政治、 軍事分野での卓越な貢献はもちろん社会、 文化分野でもとても大きい業績を成した。 中国西部少数民族たちに対してもとても開放された政策を実施しながら少数民族たちから尊敬を受けて来たし、彼らから親切に "天可汗"と呼ばれたりした。 紀元 641年李世民は文成王女を吐蕃(チベット族の先祖)の松襍條ア布(君長)に嫁がせたりしたが、この時から吐蕃と唐は密接な関係を結んで相互習いながらとても親善的に過ごすようになった。 
晩年の李世民は長生不老のために苦心しながら一部地方の秘方を宮に持って来て精製して食べたが、後には中毒で死亡した。 死んだ後昭陵に埋葬されたし、陜西省惟泉県に位置している。 中国政府の文化財保護原則によって皇帝陵墓はわがまま掘り出すことができない。 以後考古学者たちが昭陵周囲の発掘を進行して多くの価値のある文化財たちが出土されながら昭陵も有名な観光名所で浮び上がった。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 55건 4 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
884
어제
873
최대
2,961
전체
423,832


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.