• ブックマック
  • オンライン 16
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

中国人物


成吉思汗-チンギス・カン

5,060 2009.06.03 22:06

짧은주소

본문

モンゴル帝国を建立したチンギス・カン


13世紀モンゴル帝国を建立したチンギス・カンは中国歴史で有名な人物である。 彼の一生はモンゴル族の形成と発展を促進した一生として中国歴史で重要な1ページを占めている。
チンギス・カンはモンゴル語で海のように大きいという意味である。1162年モンゴル貴族家門で生まれたチンギス・カンの本名はテムジンであった。12世紀モンゴル草原は一つ一つの草原部落によって分けられていたが、毎日暴力と掠奪、戦争が引き続いた。テムジンのお父さんはテムジンが小さい頃他の部落との戦争で死んだし、部落の残り人々も次から次へと散らばった。10歳のテムジンと弟はお母さんと一緒に難しい日々を過ごした。
 
早く他の部落に捕まえてからようやく逃げた彼は草原の一番強大な部落に寄り掛かって生活した。大人になった後彼の妻がまた捕まえたがテムジンは直接敵を潰して妻を奪い戻した事もある。
いつも虜されたり、奪われたりして生と死の分け道で迷わなければならない危ない日々の中で生活しながらテムジンは徐徐に才能と知恵が卓越していて思惟が霊活して意志が強い男に成長した。表では強い部落に頼っているように見せながらも心中では民心を得て人馬を集めながら徐徐に自分の勢力を発展させたテムジンは27才になる時独立された部落を建立して部落首領 "汗"になった。

10余年間鍛錬したあげく知恵と勇気が皆兼備されたテムジンは規律が厳しくて戦闘力が卓越する軍隊を建立して一つ一つの強大な部落を打ち負かしながらモンゴル草原で一番大きい統治者に浮び上がった。1206年テムジンは盛大な草原大集会を召集して正式で大汗職位に即位すると宣布した。彼の建立した国は大モンゴル国と命名されたし、テムジンはチンギス・カンと呼ばれるようになった。

この先草原に分布された各部落たちは皆自分たちの名称を持っていたが、モンゴル部はそのうちの一部だ。チングキスカンが各部落たちを統一した後 "モンゴル"という名称を共同で使うようになってから強大なモンゴル国共同体が形成した。 当時モンゴル国範囲に入った地域は東側は中国北部興安嶺までで西側はアジアの福地というアルタイ山脈、南側では現在中国内モンゴル中部の陰山、北は今のロシア境内のベングガルホまでだったが、その面積がとても広かった。
チンギス・カンは建国後に元々散在した原始部落形態を直して集権制度を確立したし、モンゴル文字を創立したが文字は絶えず補完されながら今まで伝わっている。チンギス・カンはまた法律を制定しておいて国と軍隊を厳格に治めたし、国家の統治を強固にして国の発展を推進した。
 
当時中国には千余年間漢族たちが中原を統治するにもかかわらず多くの少数民族たちが建立した政権たちも共存していた。例えば遼、西夏、金など政権である。チンギス・カンは勢力を拡大して財物を掠奪するためにこんな政権に対してずっと戦争を発動した。あっという間にモンゴル大軍は国土を拡大した。

1219年中・アジアを向かって進撃を発動しながらチンギス・カンはアジアとヨーロッパ大陸を征腹し始めた。西の方に進軍するモンゴル軍の戦争は苛酷だった。行く所ごとに狂風が吹き通したようだっし、屠殺と掠奪は停止していなかった。賑やかだった都市は荒漠な姿だけ残したし、壊滅的な打撃でアジアとヨーロッパ東部の多くの地域はとても長い間発展が止められた状態だった。
 
しかしチンギス・カンの続く軍事的な推進で東では太平洋、西の方では里海の川沿まで強制的な除去措置を実施するせいで東西方の経済と文化交流には歴史的になかった新しい局面が現われた。モンゴル軍は西の方に攻めこむ間に山に会えば道を作り、水に会えば橋を建設して東西方交通条件を改善することにも大きく寄与した。
情報を伝えて物品を運送するために中原地域でよく利用する交通制度である "駅站"を西側まで引き継いでおいて東西方役人たちと使者たちの通いに便利をはかったりした。

チンギス・カンはまた重要な道路には道路管理専門人員を配置するなど措置を取ったし、商人たちの往来安全を担保する法令まで頒布した。記載によれば当時イランから中央アジアの間で人々は頭に金の皿を載せて往来すればどんな脅威も受けなかったと言う。東西交通がなだらかに疎通されてそれに安全状況までよくなったら多い商人たちがモンゴル大砂漠に尋ねて来た。西方の薬、 織造品、天文暦法、科学技術が中国に伝播されたし、中国の多くの発明も西側に伝わった。同時に多い外国人たちが中国に移入したし、大量の少数民族たちが中原地域に移民した。彼ら皆は共に中国の経済文化発展に重要な寄与をした。
 
1227年65歳になったチンギス・カンは戦争の途中で病気に罹って死亡した。伝えによるとチンギス・カンの霊柩は彼が在世に決めておいた墓地に移送されたが、移送途中に人なら人、けだものならけだものを皆殺してしまったと言う。 そして死体を安置した後馬1万匹を動員して墓地を平地に作った後その上に草を植えたが、翌年墓地で育った草と周りの草が調和して見分けにならないようにしておいてからは墓地を建てた人々と死体を移送した人々を皆殺してしまったと言う。現在までもチンギス・カンの墓地がどこに位置しているかは考古学者たちに残っている謎になっている。 
 
チンギス・カンの功と過を考えながら人々は自然的にこの偉い政治家や軍事家である彼を尊重しなければならない。彼は本を読んだ経歴はないが自分の卓越な聡明と才能で患難の経歴から国を治める方法を悟りながら他の国の方針と戦略を征服してモンゴル帝国を建立した。彼が用意しておいた基礎上で彼の孫であるフビライ(忽必烈)は中原の宋国を滅亡させて元国を建立したが、中原地域で最初となる漢族以外の少数民族が集権した政権が現われた。

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 55건 1 페이지
黄光裕

食事を繋ぐ金がなくて16才に学校を中退して商売を始めた中国広東省汕頭市のある少年. それから20年が過ぎた2005年に彼は中国大陸最高の財閥になった。 中国最大家電流通業社の国美の理事長である黄光裕は胡潤研究所が2005年10月発表した中国資産家ランキングで2年連続1位に上がった。 1.2年連続…

溥儀

清国最後の皇帝宣統皇帝は名前が溥儀(1906~1967)で道光皇帝の曽孫子であり、醇親王(載豐」)の息子で光緒皇帝が死んだ後に皇位を継承した。 3年間在位したし辛亥革命で皇位を謙譲して中国歴史上最後の皇帝になった。 ★中華人民共和国樹立以後共産党政府では彼の思想を改造して新しい人に再生した。晩年…

毛沢東

毛沢東(1893~1976)は中国人民の指導者、マルクス主義者、無産階級革命家、戦略家で中国共産党と中国人民解放軍、中華人民共和国の創設者と同時に指導者でありながら、詩人であり書道家でもある。 中国共産党中央軍事委員会主席(1936~1976)、中国共産党中央政治局主席(1943~1945)と中…

陳天橋

浙江省新昌県の一小さい村で生まれた陳天橋総裁は財閥家庭の出身でもなかったがわずか6年ぶりに33才という若さで100億中国元以上の大金持ちになった。 陳総裁は150億中国元財産で2005年中国経済専門紙の新財富が選定する中国富豪ランキングで最年少年齢で1位になった。 オンライン ゲームで成功した彼は中…

薄煕来

1949年7月中国山西省定襄県で生まれた薄煕来は中国共産党元老の薄一波前任中国共産党顧問委員会商務部主任の息子である。 彼はこのように強固な背景を持ったが唯一自身の実力だけでじわじわ努力して今の席にまで上がった実力者である。 今州公務員から政治者の道を歩き始めて大連市市長、遼寧省省長を経て商務部部長…

貂嬋

4大美人の中でも一番魅惑的な人物に数えられ、また彼女たちの中でも一番ミステリーに包まれた人物で今も彼女の本当に姿を確かに把握しにくい. 彼女が伝説上の人物なのか実存の人物なのか学界でさえ論難が絶えないからである。貂嬋を示して国色天香.国を滅びるほどにすごい美女という傾城之貌、傾国之色は皆彼女から出た…

林彪

林彪(リンビャオ、1906~1971)は元々軍事家だったが、後に中国共産党と中国人民の反逆者になった。本名は林育蓉で湖北省黄岡県出身である。1925年北伐戦争に参加して葉挺独立団で小将を歴任した。1927年中国共産党が主導した '8. 1' 南昌起義に加わってから後に部隊に従って井岡山革命…

祖沖之

円周率の父-祖沖之円周率の値を計算することは数学分野で重要で難しい研究課題である。 中国古代の多くの数学者達は円周率の計算に精進して来たがその中でも紀元 5世紀に祖衝之が成した成果は円周率計算で1代革命だと言える。 祖沖之は中国古代の偉大な数学者と天文学者である。 祖沖之は紀元429年建康 (今の江…

열람중  成吉思汗-チンギス・カン

モンゴル帝国を建立したチンギス・カン 13世紀モンゴル帝国を建立したチンギス・カンは中国歴史で有名な人物である。 彼の一生はモンゴル族の形成と発展を促進した一生として中国歴史で重要な1ページを占めている。 チンギス・カンはモンゴル語で海のように大きいという意味である。1162年モンゴル貴族家門で生ま…

包拯-包青天

包青天(包拯:999~1062)は北宋時代の有名な政治家である。字は希仁、名前は拯、(廬州合肥:今の安徽省合肥市)出身である。 彼は端州知州、監察御使、三司戸部判官、京東・陝西・河北路転運使、三司戸部副使・知諌院,瀛州・揚州・廬州・池州・江寧・開封府知府および三司使を経て、嘉祐6年(1061)には官…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?