黄光裕 > 中国人物

本文へ
サイト内検索

中国人物


黄光裕

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 5,594회 작성일 10-01-27 23:33

본문

食事を繋ぐ金がなくて16才に学校を中退して商売を始めた中国広東省汕頭市のある少年. それから20年が過ぎた2005年に彼は中国大陸最高の財閥になった。
中国最大家電流通業社の国美の理事長である黄光裕は胡潤研究所が2005年10月発表した中国資産家ランキングで2年連続1位に上がった。

1.2年連続中国最大大金持ち


現在36才の彼は最近中国で急増している30代青年財閥の先頭走者である。1年間資産が35億中国元増加して総140億中国元の資産を保有した中国最大の大金持ちの称号を得た。

2.人生観、対人関係
黄光裕の成功要因中には彼の性格が重要な役割をする。 すなわち大胆だと考えて果敢に行動して貪欲がなくて友人と交わるのが好きな性格が成功の後押しになったことが明らかになっている。
彼は友人つきあうのが好きで 数多くの友人らの中には70才を越えた友人らも比較的多いという。黄光裕はたとえ学歴は高くないけど賢い友人らに人生を習っている。 一部の人々は彼を完ぺきな機会主義者と話すが事実上彼は投機と正道の間で機会をのがさない洞察力を発揮して今の成果を成し遂げたと言える。

黄光裕は天主教信者でもあり、彼において平和は消極的態度で問題を対処するのではなく客観的に行動することだと話す。 ここで‘度’に対する節制が重要だが、彼は“人間関係をよく維持しているという前提下で商売というのはそんなに重要ではない’と話す。
彼は“魚と泥は物価で水で共存している。 もし網を持って魚を捉えようとするなら泥と共に出てくるから必ず泥処理問題を考えなければならない”としながら“どんな仕事をするものの貪欲なしで平穏な気持ちで逆境を克服して今まできたようだ”と話した。

3.個人生活

成功的な企業活動とは違って彼の個人生活はそんなに特別ではない。彼の希望ならば単に子供が未来に社会および人々にある程度認められる人物に成長することである。

旅行とゴルフに別に関心がなくて余暇時間にも主に会社業務を考える。 彼において旅行とゴルフは仕事をすることよりさらに疲れることという。
特別な趣味がない彼に唯一の関心は株式である。彼が今後想像している老後の生活は海外にある小さい島で静かに生きるということであり、このような想像は彼が現実から来るストレスを表現する間接的な解消方案であろう。

4.商売と事業

1980年代中盤17才の広東省汕頭市の少年黄光裕は兄である黄光欽と共に4,000中国元を持って故郷を離れて内モンゴルで貿易商売を始めた。 1年後北京へ席を移して彼らは6ヶ月間商売をして集めた資金で北京市珠市口に100平方メートルの家電製品商店を運営した。

この家電製品商店を基盤で黄光裕は18年後中国最大の財閥に成長した。 多くの大金持ちらと一緒に彼の成功背景の後には良くないうわさもまたたくさん広く知られている。 密輸を通じて事業資金を用意したといううわさもその中の一つである。

黄光裕はこのようなうわさに対して否認も肯定もしていない。 ただし彼は“兄弟二人が珠市口に設立した家電製品商店の投資金額(10万中国元)に対しては内モンゴルと北京で商って集めたお金だ”と話して具体的には言及していない

5.事業推進および拡大

1987年に国美を設立した彼は中間流通を経ないで費用を減らして安値に製品を確保した後安い価格に製品を売る薄利多売形態で多くの資金を用意した。 需要に比べて供給が不足した市場状況で流通構造まで取りそろわなかったその当時に製品だけ確保すればいくらでも売れる環境をよく活用したのである。 特に当時市場で販売される製品は全てが海外ブランド製品だった。

国美は1990年度に最初の総販売制度を適用したし、1991年には<北京夕刊>新聞に商品広告をのせ始めた。 1993年からチェーン店形態で事業を拡大し始めて北京地域にいくつか商店をたてて1996年には海外製品だけを取り扱った方式で脱皮して国産と合資ブランド製品まで販売した。 1999年を時点で全国販売網を構築することになった..

不動産産業に飛び込み始めて二兄弟は事業を分離した。 当時黄光裕は国美会社と現金を持って不動産業務をはじめとする資産管理部門は兄黄光欽が引き受けることで整理された。 この後兄黄光欽は不動産投資会社の新恒基集団を設立した。

6.国美家電製品有限会社

1987年1月1日に設立された国美家電製品有限会社は各種家電製品を取り扱い販売する中国最大の小売りチェーン業者で、現在国美の家電製品はすでに中国で最も有名なブランドに浮上したし、また中国家電製品の発展を導いている。

フランチャイズ経営の成功的な経験を踏み台にして国美の家電製品は中国市場の環境と特徴に合わせた全国ネットワークの発展戦略を推進した。 2004年末国美は中国大陸1級市場からネットワーク構築を進めて2-4年間に中国家電製品市場の30%を越える市場占有率を確保している。

国美の家電製品は北京市消費者協会で付与した“ A/S信頼業者”中国消費者協会で付与した“誠実で信頼出来る企業”に選ばれた。

発展概要

1986年北京市珠市口東大街420号で国美衣類商店創業
1987年 国美衣類商店を国美電気器具商店に転換
1999年 国美は天津進出および全国的に大規模売り場拡張、また総資産50億中国元の鵬潤投資有限公司設立
2001年12都市49個直営チェーン店と33個の加盟チェーン店構築
2003年総資産18億中国元で100大大金持ち中27位に選定
2004年83億香港ドルで22都市94個国美チェーン店株式の65%を引き受け後香港で上場
総資産百億中国元を突破して中国最大の大金持ちに選定
2008年 資産運営中の不正操作が疑われ現在迄調査中

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 55건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
680
어제
627
최대
749
전체
78,376


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.