紫砂壺 > 中国芸術

本文へ
サイト内検索

中国芸術


紫砂壺

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 6,334회 작성일 08-04-19 23:11

본문

中国は茶文化の起源地で茶具は茶文化で除くことができない重要な一部分である。茶具中でも紫砂壷(江蘇省宜興で生産される陶磁器用土である紫砂で作った急須)が一番有名だ。

紫砂壷は詩と書道、 絵を一体化した工芸で作られることで有名で中国伝統文化の宝物の一つで数えられる。
紫砂壷が現れた年代は実証が難しい。ただ少なくとも千余年の歴史があることに推定される。 

紫砂壷が有名になった一番根本的な原因は"紫砂"という土にある。 紫砂壷を急須で使えば茶の珍味をそのまま出すことができるのにこれは他の急須たちが比べることができない点である。
専門家たちは紫砂壷の特徴が紫砂に酸化鉄成分が含有されていることと直接な連関があると言う。
紫砂はまたやかんを作れば滑めらかで美しい、 他の土では作り出すことができない優雅な模様を作り上げることができる特徴がある。現代科学は紫砂の分子構造分析を通じて紫砂の分子構造が他の土と特に違って同じ紫砂だと言っても地域によって分子構造が違う事を明かした。
紫砂で作った急須は急須としての機能を一番よく遂行することができる。

紫砂は主に紫色土と緑土、 赤い色土で成り立った。 土原料の含有比重によって紫砂壷を朱砂紫と栗色、 海棠紅色で作ることができる。紫砂壷は模様が千態万象で大きさが多様だ。 直径が 10センチメートル位の大きいのもあるし、直径が 2、3センチメートルしかならない小さいのもある。


しかしおもしろいのは中国各地に酸化鉄成分を含んだ土は数えきれないほど多いが品質が紫砂に比べられる土はないことだ。紫砂壷を構成する基本要素は点と線、 面だ。 面を滑らかにさせるか荒くするか、 線を真っ直ぐにさせるか曲げさせるのか、 模様を四角にするか丸くするか、 このすべてが一寸の誤差もあってはいけない。
紫砂壷は実用価値の外に芸術的な価値がもっと高い。 紫砂壷は中国の書道と彫刻、 青銅、陶器など中国の多様な芸術形態を一体化する。

紫砂壷芸術は現代中国で表現力が一番優れた芸術形態で
紫砂壷の場合は捺印も勝手にしない。 捺印は中国の伝統書道絵画芸術要素を伴って紫砂壷の芸術作品の捺印は多数の有名な彫刻家が彫ったのである。
急須に刻まれた詩と絵は紫砂壷を真正な立体芸術品に作る。
紫砂壷は土原料と造形、 製作工芸の外に文学と書道、絵画など多い要素を含んでいる。
だから紫砂壷を急須にしたら茶の珍味を感じながら美的享受を感じることができる。
去る千余年間紫砂壷の外形に大きい変化が生じた。
造形が荒いほうから精密で小さくなったし、簡単なほうから複雑になった。
また古風であって素朴な段階と派手な段階、 優雅な段階を経った。
中国伝統文化で茶文化の特徴は淡泊で仄かで大自然と似合うことを重要に思う。
したがって紫砂壷も素朴さと自然さを追い求めて郷土的味を見せてくれる。

無錫土の特質と長い間の歴史で研究された技術で無錫の特産品である。蘇東波が愛用し“松風竹爐, 提壺相呼”という詩句も残してる。

無錫紫砂壺は科学的な分析によればお茶本来の香りを保つなど、5種類の特徴がある。
1、紫砂壺は陶磁器として茶の香りをなくさないだけでなく蒸気が浮かび上がらなく茶の色香を保存しながら、長期間触れば潤沢になる。
2、紫砂壺は(双气控扈捺桷)として茶の臭いを吸収して、一定期間使用後には沸く水だけそそいでも茶の香りが出る。
3、紫砂壺は長期間使わなかった物でも沸く水を注いで、水が冷めた後、冷めた水捨てで使えば本来の香りが変わらない。
4、紫砂壺は温度の適応性が強く、冬に沸く水を注いでも温度の急変で膨張して壊れることなく、茶螢カの手の平に置いてもそれほど熱くない。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 34건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
246
어제
706
최대
749
전체
77,315


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.