• ブックマック
  • オンライン 9
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

中国医学


Total 10건 1 페이지
黄帝内経

黄帝内経は、前漢の時代に編纂され鍼経と素問の合計18巻と伝えられている。その内容は散逸して一旦は失われたが、762年唐の時代に王冰の表した素問と霊枢が伝えられている。現代の研究では鍼経(9巻)、もしくは九霊は、霊枢(9巻)のことであるとされている。ただしこの9巻本も散逸してしまって残っていない。現在…

針灸の由来と伝承

針灸は中国の伝統医学の重要構成部分である。 最初に針灸は一種の医療手段に過ぎなかったがその後徐徐に一つの学科になった。 針灸学は針灸医療技術, 臨床応用規律と基礎理論の学科である。 針灸は悠久な歴史がある。 古書籍に何回も針灸の原始工具である石針が登場した。 この石針は今からおおよそ 8千年から4…

五行と自然、人体の関係

五行 木 火 土 金 水 五蔵 肝 心 脾 肺 腎 五腑 胆 小腸 胃 大腸 膀胱 五方 東 南 中央 西 北 五志 怒 喜 思 悲(憂) 恐 五季 春 夏 土用 秋 冬 五悪 風 熱 湿 燥 …

五行説

五行説は中医学の理論を支える自然観の一つで、中国独自の自然哲学です。自然界のすべての物や現象を、生活に関係の深い「木、火、土、金、水」という5種類の要素の特性や、相互関係、運動からとらえようとする考え方です。五行説と陰陽説が統合されて陰陽五行説が成立した段階で、五行が混沌から太極を経て生み出されたと…

五行の相互関係

五行の相互関係には、「相生」「相剋(相克)」「比和」「相乗」「相侮」という性質がある。 相生 順送りに相手を生み出して行く、陽の関係。 木生火  木は燃えて火を生む。 火生土  物が燃えればあとには灰が残り、灰は土に帰る。 土生金  鉱物・金属の多くは土の中にあり、土を掘ることによって…

中医の診断法

医者は視、聴、嗅など感覚功狽ꀀるいは患者かその親族たちとの対話を通じて疾病関連の各種情報を系統的に掌握した上、それを基礎して臨床治療を進行した. 診断法には望診、(聞診)(問診), (切診) など四種類の方法を4診している、 4診はそれぞれ独特の作用があることでお互いに取り替えることができなくて臨床…

中医の基礎理論

陰陽は中国古代哲学の範畴に入っている概念である。人間は矛盾という現象を通じて、矛盾という現象から陰陽の概念を作ってきた。また、陰陽二極の消長関係を利用して物事の運動と変化を解釈している。漢方は陰陽の対立と統一の観点を利用して人体の上下、内外などの各器官、そして人体と自然及び社会などの外来の要素との複…

中国伝統医学概況

中国の伝統医学は中華民族が長期間の医療, 生活実践の中でいつも蓄積して繰り返し的な総和を通じて漸次的に形成された独特の理論風格を取り揃えた医学体系である。中国伝統医学は中国各民族医学の総称として主に漢族医学, チベット族医学, モンゴル族医学, ウィグルゾック医学, 朝鮮族医学など民族医学が包括にな…

漢方薬の応用と展望

漢方薬の応用漢方薬応用の歴史が長い、これは中華民族の繁栄に大切な役割を果たしている。漢方薬はいまでも人々の医療保健で重要な位置を占めている。漢方薬の理論と実践の経験が中国文化の特徴を示している。漢方薬の大多数が天然薬から来たもので、その毒性副作用が小さく、そして1つの漢方薬に多くの成分が含まれ、多く…

漢方薬

漢方薬は漢方医が疾病を蘭h、診断と治療を行う時に使用される医薬品であり、それは天然薬草及びその加工品から出されており、中には、植物性薬、動物性薬、鉱物薬及び一部の化学、生物製剤が含まれている。漢方薬の発明と応用は中国で千年の歴史があるが、漢方薬という言葉の出現は遅く、西洋の医学が中国に入った後、この…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?