• ブックマック
  • オンライン 17
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

中国医学


中国伝統医学概況

5,831 2008.04.18 01:51

첨부파일

짧은주소

본문

中国の伝統医学は中華民族が長期間の医療, 生活実践の中でいつも蓄積して繰り返し的な総和を通じて漸次的に形成された独特の理論風格を取り揃えた医学体系である。
中国伝統医学は中国各民族医学の総称として主に漢族医学, チベット族医学, モンゴル族医学, ウィグルゾック医学, 朝鮮族医学など民族医学が包括になる. 中国伝統医学の中で漢族の人口が一番多くて文字歴史が一番久しくて歴史文化が比較的長い原因で漢族医学は中国ひいては世界的でも影響力が一番大きい。
19世紀に西洋医学が中国に入って来て普及された後も漢族医学はまた (中医)と呼ばれて (西医)すなわち西洋医学と区分されてる

中医の歴史
中国の伝統医学の中で漢族医学の歴史が一番久しくて実践経験と理論認識が一番豊かである
中医は中国黄河流域から発展したしずいぶん前から学術体系を成して来ました。中医は長長しい発展過程を経過しながらお互いに違う絶え間ない創造と数多い名医たちを排出し多くの重要学派と名作を残した.


今から 3千余年前の(殷商) 時代にもう中国医療衛生と 10余種類疾病に対する記載が甲骨文に記載されてる。 周の国の時には望診、 聞診、 問診、 診脈、など診断方法と薬物、針具、手術等治療方法を使ったし晋漢時期には黄帝内経のような体系的な理論著書が形成された。この本は現存する医学著書中一番長年の中医理論性経典著作である. 長中慶の傷寒雑病論は各種雑病に対して弁証法的な診断治療原則を専門論述した著書として臨床医学の発展に基礎を用意した. 漢代へ来て外科学は相当な水準に到逹したところ “三国志” 記載によれば名医華侘はもう全身痲酔剤である (麻沸散)を使って各種外科手術を進行した.


南北朝 (紀元 220年・89年)時期から水唐五代(紀元581年・60年)に至るまでは診脈診断で突き出た成果を成した。晋の時代の名医王叔和医師はその著書「脈経」で、静脈の現象を24種類にまとめた。この著作が中国医学に大きな影響を与えただけではなく、海外にもつたわって行ったのである。この時期に来て中医学がもう成熟された段階にあった。


ここの時期、漢方医の各科が次第に科目専門化するようになった。針灸の著書には「針甲乙経」、丹薬作りの代蕪Iな著書には、「抱朴子」と「肘後方」があり、また、製薬の面では、「雷公砲炙論」、外科では「劉涓子鬼遺方」と「諸病原候論」などがあり、小児科では、「頭?経」、眼科では、「銀海精微」、さらに、世界初めての薬典「新修本草」、唐の時代の孫思?氏の「千金要方」と王トウ氏の「外台秘用」などの医学の本もある。
王惟一氏が「銅人?穴針の図経」を記し、また、等身大の銅像を設計、製作し、学生の実習に提供した。これは、後世の針灸の発展に大きな影響を与えた。明の時代(紀元1368年・644年)になると、一部の医学者は、腸チフスと熱病を疫病などから区別させようと提案した。清の時代に入って、熱病の学説が成熟し、「温熱論」などの著作も現れてきた。
明の時代から、西洋の医学が中国に伝わり、一部分の医学者が“漢方医と西洋医学の融合”を主張したことで、現代の漢方医と西洋医学の融合における先駆者となったのである

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 12건 1 페이지
黄帝内経

黄帝内経は、前漢の時代に編纂され鍼経と素問の合計18巻と伝えられている。その内容は散逸して一旦は失われたが、762年唐の時代に王冰の表した素問と霊枢が伝えられている。現代の研究では鍼経(9巻)、もしくは九霊は、霊枢(9巻)のことであるとされている。ただしこの9巻本も散逸してしまって残っていない。現在…

針灸の由来と伝承

針灸は中国の伝統医学の重要構成部分である。 最初に針灸は一種の医療手段に過ぎなかったがその後徐徐に一つの学科になった。 針灸学は針灸医療技術, 臨床応用規律と基礎理論の学科である。 針灸は悠久な歴史がある。 古書籍に何回も針灸の原始工具である石針が登場した。 この石針は今からおおよそ 8千年から4…

中国整体 (推拿・按摩)

推拿とは、古典医学書にも見える二千年来の歴史を持つ中国伝統の医療法です。そしてそれは、単なる伝統医学にとどまりません。長年の臨床と研究を経て、現在も中国の病院で用いられています。 中国の病院には外科や内科などと並んで推拿科があり、コリや痛みはもとより体の不調全般にわたる治療や半身不随者のリハビリなど…

病気の原因 外気之6邪 

外感 六気と六淫 六気 大自然の気象の状態をあらわすのに、風、寒、暑、湿、燥、火という6つの気象現象をとらえ、これらをまとめて「六気(ろっき)」といいます。 季節 期 間 季節の特徴 気象 春 2月~4月 温かくなり始める季節で、春温ともいわれる 風 夏 5月~7月 最も熱い季節で、夏熱ともいわれる…

五行と自然、人体の関係

五行 木 火 土 金 水 五蔵 肝 心 脾 肺 腎 五腑 胆 小腸 胃 大腸 膀胱 五方 東 南 中央 西 北 五志 怒 喜 思 悲(憂) 恐 五季 春 夏 土用 秋 冬 五悪 風 熱 湿 燥 …

五行説

五行説は中医学の理論を支える自然観の一つで、中国独自の自然哲学です。自然界のすべての物や現象を、生活に関係の深い「木、火、土、金、水」という5種類の要素の特性や、相互関係、運動からとらえようとする考え方です。五行説と陰陽説が統合されて陰陽五行説が成立した段階で、五行が混沌から太極を経て生み出されたと…

五行の相互関係

五行の相互関係には、「相生」「相剋(相克)」「比和」「相乗」「相侮」という性質がある。 相生 順送りに相手を生み出して行く、陽の関係。 木生火  木は燃えて火を生む。 火生土  物が燃えればあとには灰が残り、灰は土に帰る。 土生金  鉱物・金属の多くは土の中にあり、土を掘ることによって…

中医の診断法

医者は視、聴、嗅など感覚功狽ꀀるいは患者かその親族たちとの対話を通じて疾病関連の各種情報を系統的に掌握した上、それを基礎して臨床治療を進行した. 診断法には望診、(聞診)(問診), (切診) など四種類の方法を4診している、 4診はそれぞれ独特の作用があることでお互いに取り替えることができなくて臨床…

中医の基礎理論

陰陽は中国古代哲学の範畴に入っている概念である。人間は矛盾という現象を通じて、矛盾という現象から陰陽の概念を作ってきた。また、陰陽二極の消長関係を利用して物事の運動と変化を解釈している。漢方は陰陽の対立と統一の観点を利用して人体の上下、内外などの各器官、そして人体と自然及び社会などの外来の要素との複…

열람중  中国伝統医学概況

中国の伝統医学は中華民族が長期間の医療, 生活実践の中でいつも蓄積して繰り返し的な総和を通じて漸次的に形成された独特の理論風格を取り揃えた医学体系である。中国伝統医学は中国各民族医学の総称として主に漢族医学, チベット族医学, モンゴル族医学, ウィグルゾック医学, 朝鮮族医学など民族医学が包括にな…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?