• ブックマック
  • オンライン 24
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

中国医学


中医の診断法

5,246 2008.04.18 01:58

첨부파일

짧은주소

본문

医者は視、聴、嗅など感覚功狽ꀀるいは患者かその親族たちとの対話を通じて疾病関連の各種情報を系統的に掌握した上、それを基礎して臨床治療を進行した. 診断法には望診、(聞診)(問診), (切診) など四種類の方法を4診している、 4診はそれぞれ独特の作用があることでお互いに取り替えることができなくて臨床の時に必ず総合運用すると病気に正確な判断を下げるようになる.


(望診)

望診はとは、身体の内臓と経絡などの理論に基づいて行われた診療方法である。身体の外部が内部の五臓六腑と緊密な関係があり、身体の臓器の機狽ノ変化があれば、必ず身体の外部に現れ、元気さ、顔色、体のスタイル、様体などが変わるのである。そのため、身体の楓ハと五官の様子や機狽ネどの変化を観察すれば、内臓の変化を推測することができる。
皮膚の色から判断される病気
青=肝の色。風と関係する。本来は静脈の色なので、血行が悪いことを意味する。
赤=心の色。熱と関係する。動脈と関係がある。
黄=脾の色。湿と関係する。脂肪の多い状態か。
白=肺の色。本来、皮膚は白くきれいな方がよいが、血色の悪い状態ともいえる。
黒=腎の色。疲労や老化により、皮膚が黒ずんでくるものをいっていると考えられる。

(聞診)

聞診とは、医者が自分の聴覚と臭覚を利用して、患者の声と排泄物のいろいろなにおいを通じて、病気を診断する診療法である。
 声を聞くことによって、声を発する器官の病変を診察することができるだけではなく、その変化を通じて、身体内の各臓器の変化も診断することができる。声には、話声、呼吸、咳、げっぷなどが含まれている。
 嗅ぐ診療法には、病体のにおいと病室のにおいを嗅ぐという2つの方法がある。病体のにおいは、身体にウィルスの進入によって、人体の臓器、血や津液(体内の液体)などからきたもので、そのにおいが身体の露出器官と排泄物から出てくるのである。病室のにおいが病体とその排泄物からのにおいである。
排泄物の臭いの種類で判断される病気
閾梶iあぶらくさい)=肝と関係する。
焦(こげくさい)=心と関係する。実際には、五行論的に火が燃えた後の臭いと指すと考えられる。
香(かんばしくさい)=脾と関係する。いい臭いではなく、五味とも関係して、甘い臭いを指すと考えられる。
腥(なまぐさい)=肺と関係する。文字通り、生臭いとも考えられるが、肺=金であり、金属臭的も想像できる。
腐(くされくさい)=腎と関係する。腎は水と関係があるので、腐りやすい状態と関連させたものと考えられる。


 

(問診)

問診とは、医者がトークの方法を通じて、患者ないしその知り合いから病気の発生、発展及び現在の病状と治療経過の状況を聞く方法である。聞く診療法は主に、客観的に診断できない病状、例えば、病気の特徴がなく或いははっきりしない時に使われた治療方法で、この方法を通じて、診断に効く病気の状況や資料などを発見することができる、これと同時に、病気と関わるすべての状況を掌握することができる。例えば、患者の日常生活、仕事の環境、飲食と好み、婚姻状況などなど。


 

(切診)

切診とは、医者が患者の身体を触る治療方法である。この診療法には、脈診と按診という2つの方法を含む。脈診は、脈をとる、脈を診断するとも言い、つまり、脈状況の観察を通して、身体内部の病変の原因を探す診断方法である。按診とは、医者が手で患者の体楓ハの幾つかの部位を触ったり、押したりして、身体局部の異常変化を了解し、病変部分の性質と病気の軽重などを診断する方法である。

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 12건 1 페이지
黄帝内経

黄帝内経は、前漢の時代に編纂され鍼経と素問の合計18巻と伝えられている。その内容は散逸して一旦は失われたが、762年唐の時代に王冰の表した素問と霊枢が伝えられている。現代の研究では鍼経(9巻)、もしくは九霊は、霊枢(9巻)のことであるとされている。ただしこの9巻本も散逸してしまって残っていない。現在…

針灸の由来と伝承

針灸は中国の伝統医学の重要構成部分である。 最初に針灸は一種の医療手段に過ぎなかったがその後徐徐に一つの学科になった。 針灸学は針灸医療技術, 臨床応用規律と基礎理論の学科である。 針灸は悠久な歴史がある。 古書籍に何回も針灸の原始工具である石針が登場した。 この石針は今からおおよそ 8千年から4…

中国整体 (推拿・按摩)

推拿とは、古典医学書にも見える二千年来の歴史を持つ中国伝統の医療法です。そしてそれは、単なる伝統医学にとどまりません。長年の臨床と研究を経て、現在も中国の病院で用いられています。 中国の病院には外科や内科などと並んで推拿科があり、コリや痛みはもとより体の不調全般にわたる治療や半身不随者のリハビリなど…

病気の原因 外気之6邪 

外感 六気と六淫 六気 大自然の気象の状態をあらわすのに、風、寒、暑、湿、燥、火という6つの気象現象をとらえ、これらをまとめて「六気(ろっき)」といいます。 季節 期 間 季節の特徴 気象 春 2月~4月 温かくなり始める季節で、春温ともいわれる 風 夏 5月~7月 最も熱い季節で、夏熱ともいわれる…

五行と自然、人体の関係

五行 木 火 土 金 水 五蔵 肝 心 脾 肺 腎 五腑 胆 小腸 胃 大腸 膀胱 五方 東 南 中央 西 北 五志 怒 喜 思 悲(憂) 恐 五季 春 夏 土用 秋 冬 五悪 風 熱 湿 燥 …

五行説

五行説は中医学の理論を支える自然観の一つで、中国独自の自然哲学です。自然界のすべての物や現象を、生活に関係の深い「木、火、土、金、水」という5種類の要素の特性や、相互関係、運動からとらえようとする考え方です。五行説と陰陽説が統合されて陰陽五行説が成立した段階で、五行が混沌から太極を経て生み出されたと…

五行の相互関係

五行の相互関係には、「相生」「相剋(相克)」「比和」「相乗」「相侮」という性質がある。 相生 順送りに相手を生み出して行く、陽の関係。 木生火  木は燃えて火を生む。 火生土  物が燃えればあとには灰が残り、灰は土に帰る。 土生金  鉱物・金属の多くは土の中にあり、土を掘ることによって…

열람중  中医の診断法

医者は視、聴、嗅など感覚功狽ꀀるいは患者かその親族たちとの対話を通じて疾病関連の各種情報を系統的に掌握した上、それを基礎して臨床治療を進行した. 診断法には望診、(聞診)(問診), (切診) など四種類の方法を4診している、 4診はそれぞれ独特の作用があることでお互いに取り替えることができなくて臨床…

中医の基礎理論

陰陽は中国古代哲学の範畴に入っている概念である。人間は矛盾という現象を通じて、矛盾という現象から陰陽の概念を作ってきた。また、陰陽二極の消長関係を利用して物事の運動と変化を解釈している。漢方は陰陽の対立と統一の観点を利用して人体の上下、内外などの各器官、そして人体と自然及び社会などの外来の要素との複…

中国伝統医学概況

中国の伝統医学は中華民族が長期間の医療, 生活実践の中でいつも蓄積して繰り返し的な総和を通じて漸次的に形成された独特の理論風格を取り揃えた医学体系である。中国伝統医学は中国各民族医学の総称として主に漢族医学, チベット族医学, モンゴル族医学, ウィグルゾック医学, 朝鮮族医学など民族医学が包括にな…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?