• ブックマック
  • オンライン 8
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

中国旅行事情


中国の通信事情

7,143 2008.06.24 13:12

짧은주소

본문

第3世代移動通信システム(3G)

現在中国では、中国電信(チャイナテレコム)や中国網通(チャイナネットコム)などの大手通信キャリアが固定電話業務を取り扱っている。固定電話業務と移動電話業務とが大きく枝分かれしているため、3G業務スタートを契機として、現在の通信キャリアの競争局面を改善し、固定電話キャリアの移動通信業務参入を認めることが緊急の課題となっている。

国際電話

一般のホテルの客室から国際電話が直接かけられる。4つ星以下のホテルでは10%、4つ星、5つ星のホテルでは15%のサービス料金を徴収している。通常はホテルをチェックアウトする際に宿泊料とともに精算する。北京ではコレクトコールの国際電話をかけることができる。

国内長距離電話

ホテルの長距離電話は中国の約2100の都市と直接通話ができる。ダイヤルする際は、まず0を押してから、当該都市のエリアコード(エリアコードがわからない場合は「176」で調べることができる)、そのあと、目的の番号にダイヤルする。サービス料金の徴収基準は国際電話の場合と同じ。

中国電信(チャイナ・テレコム)では祝祭日および平日の21:00から00:00までは通常の半額、00:00から07:00までは通常の30%の割引料金となっている。

ICカード電話

磁気カードとICカード用の電話機で国際電話、国内長距離電話、市内電話をかけることができる。市内通話料金は三分間につき0.5元だが、国内長距離電話には祝祭日、夜間の半額料金は適用されない。電話用の磁気カード、ICカードは電話・通信サービスを行っている商店や各ホテルで入手することができる。

IPカード電話

郵便局とその代理店ではIPカードを販売している。現在のIPカードには中国電信のIPカード、中国聯通の宜通カード、中国吉通の吉通カードの三種類があり、国内電話の通話料金は1分間につき0.3元、香港・澳門へは1分間につき1.5元、アメリカ、カナダへの通話料金は1分間につき2.4元、その他の地域への通話料金は1分間につき3.2元で、以上のものはいずれも現地通話料金を加算して徴収し、時間帯による割引料金は適用されない。

市内電話

街角の公衆電話ボックスからは市内通話のみが可能で、5角(0.5元)のコインを投入口に入れるとダイヤルすることができる。このほか、駅・バス停留所、商店街、住宅団地には管理人のいる公衆電話があり、通話料金は一回につき0.5元(3分間)で、中には長距離電話をかけられるところもあり、その場合は一回につき0.5元(国内)から2.00元(国際)までの手数料が加算される。

郵便局

主な市街区、駅、空港、観光地には郵便局があり、郵便局の緑色のロゴが明示されている。毎日営業しており、電報、電話、テレックス業務は24時間営業。

市内宛ての郵便物は60分(6角)、その他の国内宛て郵便物は80分(8角)で、航空便は地域と郵便物の重さによって一通につき8.2元以上で、香港・台湾地域宛てのものは一通につき2.8元である。

各ホテル、旅館にも郵便ポストがあり、国外・国内宛ての郵便物を投函することができ、郵便・電信サービスコーナーがあるところもある。街中ではいたるところで緑色のポストが目につくが、そのうち「黄色い帽子」のポスト(てっぺんに黄色の塗装が施されている)に投函すると比較的速く配達される(切手を余分に貼る必要はない)。

国際郵便局

国際郵便局は建国門北大街雅宝路にある。国際郵便、国内郵便、小包、国際エクスプレスメール(EMS)を取り扱っているほか、為替手形、電信為替などの現金払い、国内・国際電報、長距離電話・市内電話などの業務を扱っている。

国際郵便局の中には税関事務所があり、税関手続きを行うのに便利である。電話番後: 65194631

速配サービス

郵便局で扱っているEMSのほか、DHL、UPS、TNT、FedExなど数社が速配業務を行っており、さまざまな緊急送達書類、資料、物品を世界中の170カ国以上の数万都市に宅配している。北京の45の郵便局とホテルのビジネスセンターに設けられたEMSカウンターでは、国際エクスプレスメール(EMS)を扱っており、EMS担当スタッフに郵便物を取りに来てもらうこともできる。

「チャイナネット」 2007年6月

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 12건 1 페이지
中国でのクレジットカード、トラベラーズチェック、ATM について

中国国内でご利用いただける国際クレジットカードは、以下のとおりです。 マスターカード (Mastercard) ビザカード (VISA) アメリカンエクスプレス (American Express) JCB カード (JCB) ダイナースカード (Diners) 観光地のほ…

通貨と為替

通貨規則と為替レート中国の通貨は人民元で、国営銀行である中国人民銀行により発行されています。人民元の標準単位は元、補助単位は角と分です。1 元は 10 角、1 角は 10 分に相当します。元および角、分はすべて紙幣および硬貨で発行されます。額面は、元が1、2、5、10、50、100 で、角と分はそれ…

中国での電話とファックス

中国からの国際電話 (IDD) および国内の長距離電話 (DDD) は、ホテルの部屋から直接かけることができます。IDDサービス をご利用になる場合、最初に 0 をプッシュし、それから国番号、市外局番、電話番号を押してください。DDD サービスをご利用の場合は、最初に 0 、それから市外局番と電話番…

열람중  中国の通信事情

第3世代移動通信システム(3G) 現在中国では、中国電信(チャイナテレコム)や中国網通(チャイナネットコム)などの大手通信キャリアが固定電話業務を取り扱っている。固定電話業務と移動電話業務とが大きく枝分かれしているため、3G業務スタートを契機として、現在の通信キャリアの競争局面を改善し、固定電話キ…

中国ゴルフ事情

何事もスケールが大きいのが中国ですが、最近、広東省のゴルフ場が世界最大のゴルフ場としてギネスブックに認定されました。このゴルフ場は94年に18ホールで開場したのですが、規模の拡大を着々と進め、現在、10コース(全部で180ホール)の規模を誇るゴルフ場となっています。年間30万人以上が来場し、キャディ…

在中国日本大使館・領事館

在中国日本大使館・領事館 在中華人民共和国大使館 People's Republic of China  Embassy of Japan 7 Ri Tan Road, Jian Guo Men Wai, Beijing, People's Republic of China …

中国の宿事情

中国は改革開放に伴い都市部では新築の高級ホテルが続々と建てられ、中国を観光する外国人に十分安心して住めるようなホテルインフラが整い、中には世界の有名ホテルと比べても遜色しない超豪華ホテル迄登場している。その代わり料金も中国の平均物価と比べれば可なり高い所も多く、個人予約で中国の5ツ星ランクのホテルに…

ショッピング事情

中国では大型スパや、国営商店の他は値札が付いてない事も多く、値段も変動が多いし、値札がついでも店員との交渉により値引きする事も可能なのである。特に観光客向きの土産店などでは相場より何倍も高い言い値を付けたりするので店員の言い値そのまま買うのは損をしやすい。値引きの交渉も楽しい経験にもなりえるので露天…

中国の食事事情

中国旅行で欠かせないと言うか最大の楽しみとも言える事が本場の中華料理を美味しく食べる事である。その為には日本とは違う中国の食文化と飲食店の種類、利用の仕方、マナーなどを覚えておく必要がある。中国は日本と同じ漢字文化圏の中心ですので日本人には割りと簡単にメニューとか読める事もしばしばありますが、中には…

中国の犯罪事情

中国旅行で一番不安になる事が当地の治安に関する事であるように中国の治安状態は決してよいとは言えない。テロや凶悪事件に巻き込まれる可能性は少ないが、日本に居た時の感覚では事故とトラブルに遭遇する可能性も高まるので、しっかり対策を取ったほうが安心な旅に繋がる。中国の犯罪は種類も手口も色々であるが、一つ共…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?