• ブックマック
  • オンライン 12
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

中国旅行事情


中国の犯罪事情

5,541 2008.04.18 16:35

짧은주소

본문

中国旅行で一番不安になる事が当地の治安に関する事であるように中国の治安状態は決してよいとは言えない。テロや凶悪事件に巻き込まれる可能性は少ないが、日本に居た時の感覚では事故とトラブルに遭遇する可能性も高まるので、しっかり対策を取ったほうが安心な旅に繋がる。
中国の犯罪は種類も手口も色々であるが、一つ共通点がある。殆どの犯罪は金と繋がる事である。中国での安全を確保するにはなるべく目立たない、大量の現金を持たない、見せない、ブランド品を持たない事に尽きる。被害に会った場合は慌てずに近くの交番に行くか大使館に連絡を入れるべきである。


犯罪の種類と対策
1.スリ
 現在は減少傾向になっていますが、駅、パス、列車など人が込み合う所では今なおスリの犯罪事件が後を絶たない。スリのテクニックもかなり高く、殆どの場合は気付いたら既に泥棒はその場を離れてますので事前に対策を取っておきたい。人で込み合う時には財布は必ず前胸のポケットに入れ、右手で庇うか、常に手感で財布を感じ出来る所に財布を入れる事。お尻のポケットや、鞄に財布を入れるのは一番盗まれやすいので気を付けましょ。


2.置き引き
 駅、町中で一旦犯罪者の標的になれば尾行しながらチャンスを狙われる。トイレとか手続きの時とかが狙われる時で、少しでも気を抜いたら荷物が無くなる事がある。
団体旅行の時は必ず責任持ちの留守番を決めて荷物を見るようにするか、個人旅行では必ず荷物を目から離れない所に置く事が大事。


3.詐欺
 駅前とか観光地では簡単な日本語で話を掛けて来たり、ジュースとかタバコなどを勧めたりする人達があるが、中国では(世の中にただと言う物があるまい)という諺があるように、下心が有ることに間違いないと判断してもよい。巧みな話しで安心させて暴力バーなどに連れて行き法外な値段を支払わせるのが殆どで最初から無視か、遠慮するべき。


4.偽札 
タクシー、露天ショップなどで多く見かけますが、他にも両替を口実に巧に偽札に換えて両替する事もある。レートがいいからと言っても知らない人に両替を頼むのは危ない。
その他に偽札は必ずその場で確認するべきなのでその場を離れたら警察を呼んでも解決してくれない場合が多いので気を付けましょ。


5.ひき逃げ
最近オートバイを使ったひき逃げ事件が多い。被害者は女性が多く後ろから鞄を引いて逃げたり、ネックレスなどを引っ張りとって逃げるタイプが多い。対策は人が少ない小さい道路を一人で歩いたりしない、貴金属のアクセサリを付けない、ブラント鞄などを持ち歩かない、現金とパースポートなどは
鞄に入れたりしない事である。


6.遠回し、メーター消し、
 タクシーで多く発生する犯罪ですが、メーターを消したり、目的地を遠く回して料金を増やすか、着いた後に高額の料金を言ったりするのが普通で中国人でもよくやられる手法でもある。対策は割りと簡単で事前に目的地迄の距離を調べてタクシー運転手に最初に値段を聞く事。予想より高い値段が出た場合はタクシーのナンバをメーモーしてタクシー会社か警察に連絡すると言えば殆どの場合は適正料金で済む場合が多い。

7.高額請求
飲食店、美容店、風俗店などでよく発生する犯罪で偶には監禁、傷害事件まで起こしますので注意が必要。大抵の場合は通常料金で追加サービスを高額にするケースが多い。例えば美容店では理髪を200元で頼んたが、途中に色を染めるように勧められて終わった後には染毛剤が600元とか言って高額料金を請求するケースが見られる。対策はメニューに書いて無い商品やサービスは避ける事。万の一不当な金額が請求される場合は説明をしようとするより警察を呼ぶか大使館に連絡すると言えば解決出来る場合も多い。

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 12건 1 페이지
中国でのクレジットカード、トラベラーズチェック、ATM について

中国国内でご利用いただける国際クレジットカードは、以下のとおりです。 マスターカード (Mastercard) ビザカード (VISA) アメリカンエクスプレス (American Express) JCB カード (JCB) ダイナースカード (Diners) 観光地のほ…

通貨と為替

通貨規則と為替レート中国の通貨は人民元で、国営銀行である中国人民銀行により発行されています。人民元の標準単位は元、補助単位は角と分です。1 元は 10 角、1 角は 10 分に相当します。元および角、分はすべて紙幣および硬貨で発行されます。額面は、元が1、2、5、10、50、100 で、角と分はそれ…

中国での電話とファックス

中国からの国際電話 (IDD) および国内の長距離電話 (DDD) は、ホテルの部屋から直接かけることができます。IDDサービス をご利用になる場合、最初に 0 をプッシュし、それから国番号、市外局番、電話番号を押してください。DDD サービスをご利用の場合は、最初に 0 、それから市外局番と電話番…

中国の通信事情

第3世代移動通信システム(3G) 現在中国では、中国電信(チャイナテレコム)や中国網通(チャイナネットコム)などの大手通信キャリアが固定電話業務を取り扱っている。固定電話業務と移動電話業務とが大きく枝分かれしているため、3G業務スタートを契機として、現在の通信キャリアの競争局面を改善し、固定電話キ…

中国ゴルフ事情

何事もスケールが大きいのが中国ですが、最近、広東省のゴルフ場が世界最大のゴルフ場としてギネスブックに認定されました。このゴルフ場は94年に18ホールで開場したのですが、規模の拡大を着々と進め、現在、10コース(全部で180ホール)の規模を誇るゴルフ場となっています。年間30万人以上が来場し、キャディ…

在中国日本大使館・領事館

在中国日本大使館・領事館 在中華人民共和国大使館 People's Republic of China  Embassy of Japan 7 Ri Tan Road, Jian Guo Men Wai, Beijing, People's Republic of China …

中国の宿事情

中国は改革開放に伴い都市部では新築の高級ホテルが続々と建てられ、中国を観光する外国人に十分安心して住めるようなホテルインフラが整い、中には世界の有名ホテルと比べても遜色しない超豪華ホテル迄登場している。その代わり料金も中国の平均物価と比べれば可なり高い所も多く、個人予約で中国の5ツ星ランクのホテルに…

ショッピング事情

中国では大型スパや、国営商店の他は値札が付いてない事も多く、値段も変動が多いし、値札がついでも店員との交渉により値引きする事も可能なのである。特に観光客向きの土産店などでは相場より何倍も高い言い値を付けたりするので店員の言い値そのまま買うのは損をしやすい。値引きの交渉も楽しい経験にもなりえるので露天…

中国の食事事情

中国旅行で欠かせないと言うか最大の楽しみとも言える事が本場の中華料理を美味しく食べる事である。その為には日本とは違う中国の食文化と飲食店の種類、利用の仕方、マナーなどを覚えておく必要がある。中国は日本と同じ漢字文化圏の中心ですので日本人には割りと簡単にメニューとか読める事もしばしばありますが、中には…

열람중  中国の犯罪事情

中国旅行で一番不安になる事が当地の治安に関する事であるように中国の治安状態は決してよいとは言えない。テロや凶悪事件に巻き込まれる可能性は少ないが、日本に居た時の感覚では事故とトラブルに遭遇する可能性も高まるので、しっかり対策を取ったほうが安心な旅に繋がる。中国の犯罪は種類も手口も色々であるが、一つ共…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?