• ブックマック
  • オンライン 30
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

中国旅行事情


中国の宿事情

4,352 2008.04.18 16:41

짧은주소

본문

中国は改革開放に伴い都市部では新築の高級ホテルが続々と建てられ、中国を観光する外国人に十分安心して住めるようなホテルインフラが整い、中には世界の有名ホテルと比べても遜色しない超豪華ホテル迄登場している。その代わり料金も中国の平均物価と比べれば可なり高い所も多く、個人予約で中国の5ツ星ランクのホテルに10日間位住めばホテル代だけで数十万円の出費に成りかねない。ホテル以外にも招待所や旅館など経済的に嬉しい宿もありますが、政府非公認の上にトラブルにも絡みやすいので、出来るだけ避けたい。中国旅行を計画する上で中国の宿事情を確り身に付け、事前に予算に合わせた宿を決めるのは楽しい旅に繋がるのである。


<?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

 


宿の種類


 


ホテル


中国のホテルは名前の後ろに飯店、酒店、賓館、などを付けるのが多い。更に大飯店、


大酒店などは比較的にランクが高いホテルに属している。中国のホテルのランクは世界標準の5ツ星が最高級になる。中に準4星、準3星と表記しているホテルも見かけるが、これはその星に相当する施設とサービスが充実しており、そのランクの審査を受ける途中である。 場合によっては3ツ星の料金で4ツ星相当のホテルに泊まる事になる。


 


ユースホテル


中国では青年旅舎と呼ばれ、(驢舎)と言う愛称でも使われてる。料金が安いのが売りで中には古風、日本風などのスタイルを持つ旅舎もあり、家族雰囲気が溢れる所もある。


中国でのんびりと一人でバックパッカを楽しむ人を驢友とも呼ぶので、日本語が出来る同行者を見つかる時もある。


 


招待所


昔は公務員の地方出張の便利を図るために立てられたのが多いが、現在は一般客も泊まる事が可能であり、料金に比べては衛生も施設も安全性も少しは安心出来る。地方政府の監督があり、外国人は先ず泊まる事は出来ない。地方都市で外国人が泊めれるホテルがない場合は当地の役所に行って証明書を貰えば、泊まる事も可能であるが、出来るだけ避けて欲しい。


 


旅館


中国では一階立ての部屋をホテルに使うのを旅館と呼ぶのが多く、地方都市の駅付近などに多い、料金は劇安だが、衛生も施設も悪く、その上に、外国人は宿泊中に警察により追い出される羽目にも成りやすい。近辺にホテルがなく、やむを得ず泊まる時は必ず個室を使う事であり、近くの交番に事情届けをした方がよい。


 


民泊(ミンパク)


元々は現地の住民が接待用に用意してある部屋を有料で観光客に利用させたのが始まりですが現在はビジネス用の民泊も増える一方である。あくまでも違法であり、看板もないのが殆どである。外国人が利用するのは違法であるので、薦められても断って欲しい。周りにホテルがなく、止むを得ず泊まる時は必ず当地の役所か、交番で許可の上利用して欲しい。


 


料金 


中国のホテルは料金もホテルのランク、季節、当地のイベントなどにより変動が激しいのが多い。特に5ツ星ホテルなどは展示会などビジネス系のイベントが有るときは料金も通常より、半分以上値上がりするし、予約さえ出来ない時も多い。逆に真冬などオフシーズンの頃は殆どのホテルが割引料金を設定しており、場所によっては半分以下の値段で泊まる事も可能である。個人予約の場合5ツ星なら2万円、4ツ星なら1万円、3ツ星なら5千円を目安に探せばよい。


 


中国ホテルの特徴


中国のホテルの仕様はツイン式がメインであり、シングルルームは極端に少ないし、あってもダブルベッドで料金もツインより高くなる場合がある。その代わりに料金も人数ではなく部屋数によって決めるので一人で泊まるより、二人で一室を使うのが断然お得になる。


3人で一室を利用する場合は少しの割増料金を払えばベットを追加して利用できる。


 


チェックインとチェックアウト


中国のホテルの原則のチェックインとチェックアウト時間は12時であるが、チェックインに関しては部屋が用意されてあれば、何時でもチェックインは出来る。逆に予約はしても、料金を払ってなく、午後6時以降までチェックインがない時は自動的に予約がキャンセルになる場合があるのでチックインが遅くなる場合はホテル側に電話を入れる必要もある。


 


予約のコツ


中国のホテルは個人で予約するより、旅行会社を通じて予約したほうが安くなる所が多い。


ホテルで直接予約する場合でも交渉によっては割引が可能で有るので、是非交渉を掛けて見る事である。泊まる日数も料金に関係するので、一日置きに延長するより、数日分を一回に精算したほうが安く済むし、料金の交渉にも有利になる。

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 12건 1 페이지
中国でのクレジットカード、トラベラーズチェック、ATM について

中国国内でご利用いただける国際クレジットカードは、以下のとおりです。 マスターカード (Mastercard) ビザカード (VISA) アメリカンエクスプレス (American Express) JCB カード (JCB) ダイナースカード (Diners) 観光地のほ…

通貨と為替

通貨規則と為替レート中国の通貨は人民元で、国営銀行である中国人民銀行により発行されています。人民元の標準単位は元、補助単位は角と分です。1 元は 10 角、1 角は 10 分に相当します。元および角、分はすべて紙幣および硬貨で発行されます。額面は、元が1、2、5、10、50、100 で、角と分はそれ…

中国での電話とファックス

中国からの国際電話 (IDD) および国内の長距離電話 (DDD) は、ホテルの部屋から直接かけることができます。IDDサービス をご利用になる場合、最初に 0 をプッシュし、それから国番号、市外局番、電話番号を押してください。DDD サービスをご利用の場合は、最初に 0 、それから市外局番と電話番…

中国の通信事情

第3世代移動通信システム(3G) 現在中国では、中国電信(チャイナテレコム)や中国網通(チャイナネットコム)などの大手通信キャリアが固定電話業務を取り扱っている。固定電話業務と移動電話業務とが大きく枝分かれしているため、3G業務スタートを契機として、現在の通信キャリアの競争局面を改善し、固定電話キ…

中国ゴルフ事情

何事もスケールが大きいのが中国ですが、最近、広東省のゴルフ場が世界最大のゴルフ場としてギネスブックに認定されました。このゴルフ場は94年に18ホールで開場したのですが、規模の拡大を着々と進め、現在、10コース(全部で180ホール)の規模を誇るゴルフ場となっています。年間30万人以上が来場し、キャディ…

在中国日本大使館・領事館

在中国日本大使館・領事館 在中華人民共和国大使館 People's Republic of China  Embassy of Japan 7 Ri Tan Road, Jian Guo Men Wai, Beijing, People's Republic of China …

열람중  中国の宿事情

中国は改革開放に伴い都市部では新築の高級ホテルが続々と建てられ、中国を観光する外国人に十分安心して住めるようなホテルインフラが整い、中には世界の有名ホテルと比べても遜色しない超豪華ホテル迄登場している。その代わり料金も中国の平均物価と比べれば可なり高い所も多く、個人予約で中国の5ツ星ランクのホテルに…

ショッピング事情

中国では大型スパや、国営商店の他は値札が付いてない事も多く、値段も変動が多いし、値札がついでも店員との交渉により値引きする事も可能なのである。特に観光客向きの土産店などでは相場より何倍も高い言い値を付けたりするので店員の言い値そのまま買うのは損をしやすい。値引きの交渉も楽しい経験にもなりえるので露天…

中国の食事事情

中国旅行で欠かせないと言うか最大の楽しみとも言える事が本場の中華料理を美味しく食べる事である。その為には日本とは違う中国の食文化と飲食店の種類、利用の仕方、マナーなどを覚えておく必要がある。中国は日本と同じ漢字文化圏の中心ですので日本人には割りと簡単にメニューとか読める事もしばしばありますが、中には…

中国の犯罪事情

中国旅行で一番不安になる事が当地の治安に関する事であるように中国の治安状態は決してよいとは言えない。テロや凶悪事件に巻き込まれる可能性は少ないが、日本に居た時の感覚では事故とトラブルに遭遇する可能性も高まるので、しっかり対策を取ったほうが安心な旅に繋がる。中国の犯罪は種類も手口も色々であるが、一つ共…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?