熱中症の防止と対策 > 中国旅行知識

본문 바로가기

サイト内検索

中国旅行知識

熱中症の防止と対策

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 08-04-18 17:22 view 6,197回 コメント 0件

本文

熱中症とは

暑熱環境下にさらされる、あるいは運動などによって体の中でたくさんの熱を作るような条件下にあった者が発症し、体温を維持するための生理的な反応より生じた失調状態から、全身の臓器の機能不全に至るまでの、連続的な病態を言う。
(熱中症という漢字には、読んで字のとおり、「熱に中る」という意味をもっています。)

熱中症の防止

1、服装はなるべく明るい色或いはあっさりした色の服装を着るように気を付けましょう。

2、出掛ける時には必ず防晒の帽子を忘れずに携帯するようにする。

3、午前早めに出発して一番暑くなる昼ごろは休みを取るか、室内の観光を中心として、午後3時か4時頃から出掛けるように気を付けましょう。

4、ミネラルウォータ、スポーツ・ドリンクを何時も携帯してこまめに水分の補給を忘れないように気を付けましょう。

5、暑さを防ぐ薬物、例えばメントール軟膏、タイガーバーム、風油精、十滴水、ハッカの塊などを常に携帯するように気を付けましょう。

熱中症の分類

 

軽症度 
四肢や腹筋などに痛みをともなった痙攣 腹痛などの症状が出る場合。失神(数秒間)の他に、脈拍が速く弱い状態になる、呼吸回数の増加、顔色が悪くなる、唇がしびれる、めまい、などが見られることがある。

中等度 
めまい感、疲労感、虚脱感、頭重感(頭痛)、失神、吐き気、嘔吐などのいくつかの症状が重なり合って起こる 

重傷度 
意識障害、おかしな言動や行動、過呼吸、ショック症状などが、中等度の症状に重なり合って起こる

熱中症の応急手当
いったん熱中症が発生したら、患者を日陰の涼しい所まで運び、冷たいタオルで患者の頭部と頚部でつけてから団扇、服、などを使い患者に送風さる。患者の意識がある場合は熱中症の薬を飲ませて十分な休憩をさせる。

もし患者が意識を失ってるなら、患者の人中穴(鼻のすぐ下の部位)を強く押すか、あるいは患者の両手の十萱穴(指の先部分)を針などで、強く刺激するようにします。
意識が戻れば意識の状態を確認して名前など簡単な質問を返答できるかチェックします。
意識が無い、応答が鈍い、言動がおかしいなどの場合は至急、119番通報を行い救急搬送を要請する。

 

救急車が来るまでの応急手当は気道を確保した上で、呼吸の確認をする。呼吸が無かったら人工呼吸を行うことになり、また、続いて脈拍の確認を行い、脈拍が非常に弱い、もしくは止まっている際には、心臓マッサージを行という過程です。あわせて、バイタルサイン(意識、呼吸、脈拍、顔色、体温、手足の温度など)のチェックを継続して行うことが必要です。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 26件 2 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.