中国旅行の注意事項 > 中国旅行TIPs

本文へ
サイト内検索

中国旅行TIPs


中国旅行の注意事項

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 13,287회 작성일 08-04-18 17:40

본문

1. 臨時宿泊

<?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

 

- 中国法によれば、外国人が中国旅行中ホテル, 住宅などで臨時に泊まる場合臨時宿泊登録報告書を作成, 公安に届けるようになっています。

- ホテルに泊まる場合パスポートを提示すればホテル側で申告手続きを代行します。

- 個人住宅に泊まる場合は家宅主または旅人がパスポート, 戸籍証明書などを持って決まった期限(都市部は 24時間, 農村地域は 72時間)内に公安に臨時宿泊申告をしなければならないのである。申告がない場合は強盗・窃盗などの被害発生の時公安政府の保護を受けることができないので特に留意しなければならない。

 

2. 中国内旅行

 

外国人に開放された地域を旅行しようとする場合は飛行機や汽車を利用しなければならないし、 個人乗用車など自分の交通道具を利用することはできません。

外国人に開放されない地域(チベットなど)を旅行しようとする場合は出発 2日前にパスポート、居留証、 旅行事由書(関係機関公式書簡) などを公安に提出して、旅行証の発給を受けてから入る事。

 

 

3.団体査証

 

- 団体ビザで入国した場合は必ず団体行動をする事であり、 個別行動が不可避な場合は団体ビザ、 個別パスポート、 旅行社証明などを公安に提示してビザ分離を申し込む必要がある。

団体ビザを紛失した場合は公安に申告の後に再発給を受けなければならないし、この場合は団体ビザの写本、 旅人名簿、旅人パスポート、 旅行社証明などを提出しなければならない。

団体旅人の中で死亡者がいる場合死亡診断書を公安に提出してビザ取り消しの申告をしなければならない。

 

 

4. 就業活動

 

- 短期査証(F, L, G, J-2) 所持者及び留学生(X)は中国政府の同意なしに就業活動をする事ができない。

 

- 就業(Z) 取材(J-1) 定着居住(D) 査証所持者及び長期滞留資格所持者は就業活動ができるが、外国人雇用準則及び雇用契約によって活動しなければならないし、 職場変更などの事由がある場合は公安に職場変更申し込みをしなければならない。

 

 

5.宗教活動

 

外国人は中国内のお寺、 教会など指定された宗教活動場所で宗教活動(礼拜など)に自由に参加することができるし、省・自治区・直轄市以上の宗教団体の招請がある場合には指定された宗教活動場所で説教、講演などの活動ができる。 また県級以上の宗教機関が指定した場所で外国人を対象にする宗教行事を行うことができる。

外国人が中国入国の時に宗教関連書籍または視聴覚資料を搬入しようとする場合は中国税関の規定によって本人が使う個人用品に限り携帯可能であるが、中国社会の公共秩序に有害な宗教用品は搬入が禁止される。

外国人の中国内宗教活動は中国国内法に従わなければならないし、 宗教団体及び組職設立、 宗教活動場所(お寺、 教会など) 設立、宗教関連教育機関設立、中国国民に対する宣教活動などは禁止されている。(違反の場合は刑事処罰)

 

 

6. 出生届

 

- 中国内で外国人親が新生児を出産した場合は生まれた1ヶ月以内に公安に出生届をしなければならないし、出生届に必要な書類は出生証明、 親のパスポート、 居留証などである。

中国国籍法では親の一方が中国国籍な場合に中国で生まれた新生児にも中国国籍を付与するが、 出生届に先立って中国国籍をあきらめる場合は外国国籍で出生届が出る。

中国国籍放棄に必要な書類は出生証明で、 外国人父または母のパスポート及び居留証、 中国人父または母の外国居住証明で、写真 6(3.5cm x 4.5cm) などである。

 

中国で生まれた外国人新生児は親パスポートに連れお子さんで追加するか、 別途のパスポートの発給を受けることができるし、後者の場合別途のビザ及び居留証を申し込むことができる。

 

 

7. 死亡届け

 

 外国人が中国で死亡した場合は家族または代理人が死亡者のパスポート、死亡診断書などをお持ちして死亡の後 3日以内に公安に死亡届けをしなければならないし、 死亡者の居留証及びビザを返却しなければならない。

 

 

8.パスポート及び携帯品紛失

 

パスポートを紛失した場合紛失地域の公安に直ちに申告の後に旅券紛失証明書を発給して貰う事ができる。旅券紛失者は新しい旅券を交付された後公安機関でビザの手続きをしなければなりません。

携帯品などを紛失した場合は紛失地域公安に紛失経緯書、 パスポート、 税関手荷物申告書(税関申告物品の場合)、連絡先などを提出して、紛失証明の発給を受けることができる。

 

 

9.不法滞留などに対する行政処罰

 

外国人が不法出入国、 不法滞留、 旅行規定違反、出入国関連書類偽・変造などの不法行為をした場合は中国公安政府の外国人出入国管理法規及び治安管理処罰条例によって警告、 罰金、拘留、期限内出国、強制追放などの行政処罰を受けられます。

罰金, 拘留などの処分を受けた外国人が処分に不服する場合は処分通報の日から 15日以内に公安機関に再審を要請することができるし、 公安機関の決定に不服する場合は処分通報の日から 5日以内に法院に提訴することができる。

警告、 期限内出国、 強制追放などの処分を受けた場合は再審を請求することができない。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 13건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
464
어제
501
최대
733
전체
37,213


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.