天平山 > 華東地区

本文へ
サイト内検索

華東地区


天平山

페이지 정보

작성자 no_profile 趙子龍 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 5,503회 작성일 10-02-02 13:34

본문

天平山

天平山は蘇州市の西から15キロメートルの所に位置し、海抜が221メートルである。名人の范仲淹の高祖は山の東麓に埋葬られたから、范墳山という別名もある。彼の「天下の憂いに先立って憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」は有名な語である。北宋の皇帝は天平山を范仲淹に賜ったことがあるから、「賜山」とも言われる。ここの楓、泉、石はとても有名で、「三絶」と呼ばれる。山麓には面積が大きい楓林がある。その中で、一番古い楓の木は四百年以上の歴史がある。秋、霜が降った後、すべての木が色づき、「万丈紅区」と呼ばれる。山の中腹には白雲泉があり、「呉中の第一水」と褒められる。山の西には二つの崖があり、まるで扉のように対立し、竜門と俗称し、また一線天とも呼ばれる。山に独特な峰や石が多くて、山の中腹に回る岩石が美しくて壮大で、「万笏朝天」と人々に言われる。山の東には范仲淹の祖先の墓があって、「范墳」と 俗称られる。山頂に望湖台があり、その上に丸い石が置かれ、太湖に向かい、照湖鏡と呼ばれる。蘇州近郊では有数の高さを誇る紅葉の名所として広く知られて太湖の観賞する良い場所でもある。

 

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 114건 1 페이지
더보기 more
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
475
어제
645
최대
733
전체
39,020


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.