• ブックマック
  • オンライン 17
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

西北地区


Total 48건 1 페이지
西安市>草堂寺

草堂寺は西安の西南約25キロメートルの青峰北麓、今の戸県草堂営村にある。草堂寺は姚秦時に逍遥園内の一部分であり、高僧鳩摩羅什が当時、仏教を翻訳した場所である。当時の約する場所は一軒の簡単な堂庵であり、屋根に草を葺いて作ったので草堂寺の名前はここから由来したという。境内の西側には唐時代に建てられた高さ…

西安市>太白国家森林公園

秦嶺主峰――太白山北麓の眉県境内にある太白国家森林公園は総面積2949ヘクタールで、8つの景区に分けられ、各種の見所は合せて137ヵ所ある。中国現存の森林公園の中では海抜が一番高く、下から上へ垂直分布の6つの景観林帯があり、典型的な生物群落がある。有名な動食物では金絲猿、赤腹雉、大山椒魚、ターキン、…

西安市>翠華山

翠華山は西安の南30km離れた髟ソ安蜴ソにあり、終南山の一部であり、主峰である終南山は海抜2604mの高さを誇る。山頂にはたくさんの名勝地、奇形の嶺と洞窟があり、渓流が流れている。山中の水湫池、氷洞、風洞、翠華廟などがある。翠華山の山崩れ国家地質公園は中国の山崩れ地質作用の最も発育した地区の一つであ…

西安市>朱雀森林公園

西安市戸県の南部に位置し、朱雀崖、奇秀峰、龍潭子、秦嶺梁、芦花河、氷河翠などの六つの景観区がある。園内は動植物資源が豊富で580種の各種植物が生息する。  

西安市>楼観台

楼観台は中国の有名な道教聖地として天下第一福地と称されている。西安から70km離れている周至県東南15kmの終南山の麓に位置する。道教教祖の老子がここで『道徳経』を書いたと伝われる。院内は竹林が生茂り、古木が陰を成し、昔から洞天福地の名で知られている。今残っている旧跡は,主に説経台、煉丹炉、呂公洞、…

西安市>王順山観光景勝区

王順山観光景勝区は藍田県から東側に20キロ離れた藍橋郷に位置する。山頂には黄龍潭、上悟真寺、観景台、玉女潭、孝子祠などがあり、奇峰、絶壁、緑屏、が混在する自然と人文を一体に融合された観光地である。

敦煌>西晋壁画墓

西晋時代 (265~317年) 貴族たちの墓に推測される古墳群たちが大量で発見された地域である。 墓室の中はよほど暗いから懐中電灯を一つずつ持って専門ガイドの引率を受けなければならない。1600余年の前にあまりにも細密に作っておいた墓墳を見れば感歎が絶えない。 地下におりた墓墳入口には煙瓦形式で積ん…

蘭州市>金天觀

金天觀は蘭州市七里河西晋楼東側にある明惠帝建文2年に設立した道教寺院である。観内には雷祖神像があって雷蝮宸ニも呼ばれる。 民国年髣エ(1912窶鐀1949)と文革期間に大部分が破壊されたがその後復元された。観内には金天観殿閣と歩廊が静かな美しさを漂うしその後は松柏が立っている。雷蝮宸・Sに東に坦祠…

蘭州市>雁灘公園

雁灘公園は蘭州市東側に黄河に沿って造成された公園で黄河中の18個砂島である。昔は大雁がよくこちらに登場してこちらを雁灘と呼ぶようになったと言う。 建国以後に大規模の工事が進行されて道と建築が登場しながら黄河支流と通じるようになり、雁灘と町竝み一つで繋がれるようになった。後に公園が造成されながら木が…

蘭州市>五泉山公園

五泉山公園は蘭州市南側に位した公園に形成された風景区として2,000余年の歴史を持った聖地でもある。 海抜 1,600メートル高さに総26万平方メートルにわたって形成されたこちらには伝説の五泉である恵泉、甘露泉、菊月泉、摸子泉、朦泉が現存する。当地の伝説によれば漢武帝の有能な青年将軍だった霍去病が匈…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?