• ブックマック
  • オンライン 17
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

西北地区


Total 13건 1 페이지
西安市>車馬坑遺跡

車馬坑遺跡は西安市の西25キロの豊河西岸にある張家村付近にあります。1955年に西周遺跡を発掘した際に、発見された車馬坑はおよそ十ヶ所で、そのうち4つが整った状態で発見され、その中のひとつが展示されています。車馬坑は長さ5.6m、幅3.4m、深さ2mの長方形でガラスを張って保護されている。 発掘され…

西安市>藍田原人遺跡

藍田原人遺跡は于県の東南20キロの公王嶺にあります。1963年5月、中国科学院などによる実地調査隊によって中年女性の原人の頭蓋骨の化石が発掘された。 頭骨が厚く、額は平らで、眉骨がたくましく、下あごが突き出したこの化石の鑑定の結果、およそ90-100万年前のもので北京原人よりも更に古く、藍田原人と名…

西安市>鴻門宴遺跡

鴻門宴遺跡秦の始皇帝陵から約六キロ離れた西南に鴻門堡村という小村があり、この村は歴史上に発生した重大事件【鴻門の会】の遺跡の所在地です。鴻門は黄土大地を切り開いた洞窟状の地形です。村人は祖先から何世代もずっと、今に至るまでこの地に住み続けていますが、この黄土大地の姿は変化なく、昔の面影のままです。1…

西安市>大明宮遺跡

大明宮遺跡大明宮遺跡は西安駅の北1キロの龍首源にある全国重点文物保護単位で太極宮、興慶宮とともに唐長安城の三大宮城のひとつに数えられます。貞観八年、李世民は城の東北の禁苑内にある龍首源に「永安宮」を建て、そこを父李淵の避暑地にするつもりでしたが、完成する前に李淵は亡くなりました。 貞観九年に名称を大…

西安市>大清真寺

西安市内の中心地近くの鼓楼のすぐそばに位置する清真大寺は西安に住むイスラム教徒の宗教活動の中心で唐の玄宗の天宝元年(742年)に建てられ明の1384年に大修理が行われました。寺院は楼・台・亭・堂の4つの部分に分かれ、敷地は一万二千平方m、建築面積は約四千平方m、ほぼ完全な古代建築群で構成されています…

西安市>阿房宮遺跡

阿房宮遺跡は現在の西安市西郊外の三橋鎮の南、趙家堡と大古村の間にあり、阿城とも呼ばれる秦王朝皇宮の前殿です。 阿房宮は恵文王の時に創建され、秦王朝になってから拡張されました。当時の阿房宮の規模を非常に大きく、正殿の東西は500歩、南北50丈で、殿の上には一万人以上が座ることができ、殿の下には5丈の旗…

西安市>杜公祠

杜公祠が西安市の南10キロ長安県韋曲鎮の東の少陵原にあり、唐代の有名な詩人杜甫を記念するために建てられた。  杜甫は一生では、詩が1400あまり、メエッセーが20余り書いてあるので、「詩聖」の称号を博している。 唐安史の乱の前後、10年(紀元の746―758年)彼が長安のこの地に住んでいたので…

西安市>青龍寺

西安市の東南部の楽遊原にあり、紀元582年に創建され、原名は霊感寺、紀元711年に青龍寺と改称された。唐の時代にはかなり有名な寺院で、日本との縁が深い。著名な「入唐八家」のうち、六名の僧侶がここで仏教を学んだ。最も有名なのは空海である。空海はここで恵果法師を師として、密宗を伝習した。1981年、日本…

西安市>大興善寺

西安の南郊外にあり、紀元716~720年、インドの僧侶善無畏、金智剛、不空らがここで密宗経典を翻訳し、密教を伝授したことにより、中国密宗の発祥地とされている。寺院の敷地は広く、唐代や宋代に造られた仏像をはじめ、彫刻芸術品、仏教建築の遺跡など数多く残されている。現在重要文化財に指定されている。

西安市>半坡遺跡博物館

半坡遺跡は,西安市東部の貊サ河と轣梔ヘの間に位置し,典型的な母系氏族公社村落の遺跡である。仰韶文化に属している。1953年に轣梔ヘ火力発電所を建設する時に偶然に発見された現存の面積は約5万㎡で,居住区、製陶区と墓葬区の三つに分かれている。半坡博物館は,1958年に設立され,中国の最初の遺跡式博物館で…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?