敦煌>玉門関 > 西北地区

본문 바로가기

サイト内検索

西北地区

敦煌>玉門関

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 08-04-20 20:14 view 2,820回 コメント 0件

本文

敦煌でゴビ砂漠をすぎて北西で82kmぐらいには漢代の陽関と一緒にシルクロードの重要な関門役割をした玉門関がある。 敦煌はインド、イランと通じる中国古代通路として玉門関と洋館はその通路の重要な鍵であった。昔には玉門関を越えるのを出塞すると言って万里の長城の外を塞外といった。 玉門関は高さ10mの四方形で633平方メートルにまたがって玉門関に上がって遠く眺めれば漢代の古長城を見られる。伝説によれば昔、和氏という人が天下にない宝玉と言って王様に捧げたが石だと判明して右足を切られた。 その後次の王様にも捧げたがまた石だと判明して右の足まで切られてしまう。次の王様の時は両脚失って山の麓で三日昼夜を泣いたがその誠意が王様の注意を引いて彼が持ってる石が天下にない宝玉であることが分かった。その石を磨いて彼の名前で命名したがこれが中国一有名の華氏壁である。この華氏壁は秦始皇が趙国に15城と交換しようとも提案した程に大事な宝物で見なされた。歴代の中国歴史小説に欠かせない中国一の宝物とされたが民国時代その姿を消し今でも行方不明になっている。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 61件 6 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.