• ブックマック
  • オンライン 16
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

留学情報


中国の教育体制と改革

5,639 2009.09.02 00:37

짧은주소

본문

中国の教育体制と改革


中国の現行学制


幼児園は3才以上の進学年齢前の児童を募集して満6才に小学校に入学する。 小学校と中学校の学制は6.3制と5.4制を主とするのに一部は5.3制や9年制もある。 普通高校の学制は3年である。
中等専業学校の学制は二つの種類に分けられるのに一つは中学校卒業生を募集することで学制は一般的に4年や一部3年度である。 他の一つは高等学校卒業生を募集することで学制は一般的に2年から3年である。 職業中学校(職業初中)の学制は3年か4年で技工学校と職業高等学校(職業高中)は一般的に3年である。大学(普通高等院校)の本科学制は一般的に4年で一部理工大学(理工科院校)は5年であり、医科大学は5年と7年の二つの種類の学制がある。 大学院(高等専科学校)の学制は2年と3年なのに修士研究生の授業期限は2年と3年で博士研究生は一般的に3年である。 成人教育の学制は互いに違う段階と状況に基づいて2年から5年の間にある。

中国の教育管理体制



国家教育委員会は教育政策の指導と管理の責任を負っており、国務院とその他各部委には本系統の教育事業を分割管理する行政機構が設置されていて、各省(自治区直轄市)市(地区)県の各級政府には地方教育を管理する行政機構が設置されている。
教育経費と基本建設および教職員の賃金などの基本制度は教育管理部署と政府関連部署で共同で決める。 具体的に各級各種類型の学校の管理は次のようである。

小学校と中高等学校は地方教育行政部署で設立して管理する。 中等職業技術学校は基本的に三種類の状況があるが、すなわち中央と地方政府の業務部署で設立して管理するのと一部大中企業で設立して管理すること、地方教育行政部署や地方教育行政業務部署で共同で設立して管理することがある。
大学は国家教育委員会直属の大学、国務院その他各部委所属の大学、省市所属の地方大学に分けられる。
成人学校は概して4種類の類型があるが、すなわち中央と地方教育行政部署で設立して管理する学校と中央と地方業務部署で設立して管理する学校、大中企業で設立して管理する学校、社会団体と個人が設立した学校などがある。
上で言及した各系統各種類型の学校は教育発展方針培養目標政策および教学業務上において皆教育行政部署の相応する指導と管理を受けている。
中国の教育経費財源は主に国家財政で支出する。 国家財政支出はまた中央財政支出と地方財政支出に分けられる。 一般的に各級地方政府で設立して管理する教育事業はその経費を地方財政で支出して、中央財政は主に国家教育委員会と国務院その他部委直属学校の経費および全国教育事業発展に対する国家の支出を負担する。
 国家財政支出は教育事業費と教育基本建設投資の二つの項目を含んでいる。 中国は開発途上国で永らく教育経費が非常に不足した。 たとえ最近何年間の教育経費が毎年大幅に増加したが相変らず実際需要にははるかに不足するのが実情である。
中華人民共和国成立以来国立学校公費教育の制度を長期間実行したが最近では一部の民営自費学校が出現した。 中国の大学は通学が可能なごく少数の学校を除いては学生たちは皆寄宿舎で生活するのに寮費と学費は主に国家で負担して個人は生活費だけ負担する。
学生たちの学業を奨励するために各大学では奨学制度を設置して優秀学生たちを促している。 体育学院師範学院民族学院などと同じいくつかの特殊学校では国家ですべての学生たちに奨学金を支給している。 大学の新入生募集は毎年全国的に統一試験を実施して優秀な学生を選抜する。 学生たちが卒業した後には一般的に国家の需要と本人の希望により政府部署で仕事を用意しており、最近では多様な方法の就職を施行している。

教育改革


一国家の現代化は窮極的に教育に依存しなければならない。 先進教育があってこそ十分な人材がありえて国家が繁盛できるのである。 中国の教育は50余年間多くの発展をしてきたが、先進国と現代化建設の需要に比較すればまだ非常に後れている。 1万人当たり大学生数だけ持って見ても1989年統計によれば米国は514人、日本は200人、旧ソ連は184人だが中国はやっと35人に過ぎない。 特に中国は現在1億人以上が文盲か反文盲である。 これは中国の教育発展の任務が相変らず難しくて重大だということを意味する。今中国の教育事業は下のような主要な問題を抱いている。
最初に教育経費が不足して学校経営条件がぜい弱である。特に中小学は普遍的に経費が不足して教学設備が不足して多くの学校校舎がみすぼらしくて不足する。 中国の経済発展水準の限界で政府では比較的十分な教育資金を出せずにいてこれは教育事業発展の制約になった。
二番目,基礎教育が相変らずぜい弱である。
多くの人口に比べて、初中高等学校と教師の数が不足しているし、教師の平均水準も比較的低いがこのようなことらは学業に質的に良くない影響を及ぼしている。 そして一部後れた辺境地域ではまだ適齢児童の入学率が低い。

三番目,職業技術教育がまだ十分に発達できなかった。
中国は経済建設と社会発展のために初中級水準の技術管理人材と一般的な水準の知識技術を整えた産業予備軍をたくさん必要とする。 最近職業技術教育を大きく強化したが、均衡的な発展ができなく、ある地域は発展速度が緩やかである。 現行職業技術教育の規模構造と水準はまだ国家需要に達し得ないのが実情である。
四番目,高等教育は学校分布、機構構成、専攻設置、管理体制、学生募集と分配などの方面でまだ不合理なところがたくさん残っている。
五つ目,成人教育は学歴教育に偏重されて現実に合う人材養成と一生教育中心に方向を転換できなかった。
以上のような状況によれば今世紀末まで推進している中国教育発展の究極的な目標は全国民の教育受恵水準を顕著に高め、都市と農村労働者らの就職前教育と在職教育を大きく発展させて現代化建設の需要に必要な各種専門技術者を十分に保有して、中国特色を整えた21世紀社会主義教育体系の基本的枠を構築することである。 そのための各種教育発展の具体的な目標は次のようである。
①全中国に9年制義務教育を普及して、大都市と沿海経済発達地区には高等学校教育を普及する。
②高等学校過程に該当する職業技術学校の在学生数を大きく膨らませて、都市と農村の新進労働力が産業戦線に出て行く前に必須の職業技術訓練を受けられるようにする。
③大学で養成した専門担当者が経済科学技術と社会発展の要求に応じるように重点大学と重点学科を集中的に運営して、水準高い人材を養成することによって教育の質と科学技術水準と学校運営効率を顕著に向上させる。
④多様な形式と経路を通じて成人教育と職場教育を強力に推進して多くの勤労者の文化素養と職業技術を向上させる。
⑤青壮年層の文盲をなくす。
以上の教育発展目標を実現するために中国は教育改革を積極的に推進しているがその主要内容は次のようである。

一番目-学校の運営体制改革
長期間国家で学校運営を独占してきた構造を変化させて国家の総括的な指導下で各級政府の学校運営自主権を拡大して社会各方面の教育運営の積極性を動員する。 基礎教育は地方政府の学校運営を主として高等教育は中央と省(自治区直轄市)二つの政府の学校運営を主として、職業技術教育と成人教育は主に職業企業事業単位に基づいて運営する。 社会各界の共同運営を発展させて社会団体と国民個人の法によった学校運営を積極的に鼓舞して支持して徐々に各級政府の学校運営を主として社会各界の共同運営の新しい局面を樹立する。

二番目-大学の自主権拡大
過去に政府が大学に対し細心で融通性なしで管理してきた政策を変化させる。 政府の職能を転換させて教育立法を強化して教育に対する政府の直接的な行政管理を巨視的管理で変化させて立法を通じて学校の権利、義務、利益、責任を明確にする。 そして法によって学校運営の自主権を確保して大学にとって自我発展と自我調節の能力を持つようにして真に自主的運営力量を持った法人の実体で活力が充満するようにする。

三番目-大学新入生募集と卒業分配制度の改革
国家の計画による統一された新入生募集制度を皆改革する。 国家の義務的な計画と調節可能な計画を互いに結びつけて委託教育生と自費生を受け入れる比重を順次拡大する。 学生が大学に進学すれば国家で学費(医療費と一部生活費含む)の責任を負った制度を改革して学費を受ける制度を徐々に定着させる。 卒業生は国家で全面的に就職を斡旋した方法を改革して、一部の人員だけ国家で斡旋するのを除いては大多数は自ら職業を求めるようにする。 このようにしてこそ国家と学校の負担を減らし社会主義市場経済の需要に適応することができる。

四番目-基礎教育と職業技術教育成人教育強化
検事監督と賞罰制度を作って義務教育法の徹底した執行を確保して学校の運営条件を持続的に改善して、標準化を徐々に実現する。 多段階で多様な形式、産学協同の職業技術教育を発展させて職業技術教育網を構築する。 成人教育は学校の運営規模形式および関連制度上で絶えず発展させて完成させるべきなのに主に職場教育等を通して成人の科学文化水準を向上させて社会文化環境を改善する。

五つ目-教員の処遇改善と優秀な教員確保
中国では長期間にかけて,教員に対する待遇がとても低かったがこれは教員の積極性発揮や安定した教員確保に多少良くない影響を及ぼした。 賃金制度と福祉制度の改革を通じて教員の賃金と学習生活条件を大きく改善して教師の水準を向上させて大学の教授構成を優秀に編成して教育の質を保障する。

六番目-学校の運営条件を改善して教育事業を拡大
教育投資増大を通した学校の運営条件改善する一方で国民経済の発展に従って、教育経費が国家財政予算で占める比重を持続的に増やして他の一方では教育税徴収、非義務教育段階にある学生たちの学費収納、学校事業誘致、社会寄付金造成、教育基金会設立などの多様な経路を開設して教育者金を確保する。 教育収入の増加を通じて学校の運営条件を改善して教育事業を拡大して教育の水準を向上させる。
中国は劣悪な教育環境と難しい経済的条件に巨大な人口の制約まで抱いているから教育の根本的な改革なしでは中国社会の発展を期待しにくい。 したがって中国政府は絶えない改革と発展を通じて教育目標を達成するために最善の努力をつくさなければならない。

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 20건 1 페이지
中国の奨学金制度

奨学金制度奨学金中国政府奨学金は中国留学をする外国学生たちに助けを与えることで政府間交流協議によって提供され、個人支援は受けない。 この奨学金には全額奨学金と部分奨学金がある。 中国政府特別項目奨学金は中国教育部から中国国家留学基金管理委員会に委託して提供される。 この奨学金ではHSK成績優秀奨学金…

中国語学研修の地域別特徴

中国大学語学研修の場合、研修目的と研修費用、自身の語学実力により地域と学校を選定しなければならない。 留学生らは施設や外国人比率、標準語使用地域圏などを参考しで自分に適合した研修学校と地域を選択することができるし自身の今後発展に必要にできる部分らを考えることが望ましい。 地域選択と学校選定の参考資料…

早期留学の学校選択要領

早期留学の学校1.学校の位置と規模学校位置が大都市に位置していた方が良いが学校規模と学生数よりは外国留学生を受けた歴史が長くなる学校をまず選択しなければならない。 小都市の場合は日本の生活用品販売場所が少なくて、生活に適応に難しいこともあってしたがって学校の位置が中国標準語圏なのかを十分に考慮して選…

中国留学のメリットとデメリット

長所1.中国の名門大学進学が難しくないということが最大の長所で早期留学して勉強を熱心にした場合は1年ほどならば大部分が大学に進学することができる。外国人は中国学生に比べて進学がはるかにやさしいがカギは大学進学後に中文学課を除いた学科では中国学生たちと競争をしなければならないという点である。 2.中…

外国人の中国大学入学手続き

外国人の中国大学入学手続き外国留学生らが中国大学入学時に中国学生たちのように全国統一試験を受けないので大学入学は容易な方であるが、中国語実力が高くない場合は授業について行くのが難しくて卒業も難しい。 中国は大学別、大学学科別に留学生募集基準が違って学科別入学試験科目も違う。 中国の志望大学に入学する…

中国の外国留学生教育

中国の外国留学生教育1.言語研修生* 高等学校卒業以上の学歴所持者で中国語を重点的に習うコース。 * 学習期間は普通1-2年,修了後修了証を発給2.本科生* 中国学部の学制と教育計画により授業* 学習期間は4-5年で中国学生たちと共に授業を受ける。* 留学生の特殊状況を勘案して一部選択科目を減少した…

열람중  中国の教育体制と改革

中国の教育体制と改革 中国の現行学制幼児園は3才以上の進学年齢前の児童を募集して満6才に小学校に入学する。 小学校と中学校の学制は6.3制と5.4制を主とするのに一部は5.3制や9年制もある。 普通高校の学制は3年である。中等専業学校の学制は二つの種類に分けられるのに一つは中学校卒業生を募集するこ…

中国の教育制度

中国の教育制度中国は毎年8月に新しい学期が始まる。 同じように卒業の場合は6月に学期を終えて休みに入る。したがって中国での転校を考慮する場合このような何ヶ月の差を注意するべきで学年配分を受ける時にも必ず考慮しなければならない事項である。 1.初等教育全日制普通小学校で学制は6年である。2.中等教育中…

中国専攻別重点大学

中国大学で留学勉強を計画している韓国留学生たちのために中国専攻別の有名大学を整理した。中国大学に進学して興味を持つ専攻学科を学びたがる留学生たちに専攻別大学比較分析を進行してよく知られている学科を分類した。中国は名門大学だとしてすべての学科が有名ではなく学校ごとに重点学科があり、希望する専攻学科や重…

中国大学ランキング(体育分野)

排名 大学名称 扈シ合得分 声誉得分 学譛ッ襍ъケ得分 学譛ッ成果得分 学生情况得分 教蟶郁オъケ得分 物襍・オъケ得分 1 北京体育大学 22.0 -- 7.4 2.7 54.2 34.6 29.2 2 上海体育学院 19.0 -- 6.2 …

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?