• ブックマック
  • オンライン 7
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

中国語検定


C.TEST 実用中国語レベル認定試験

4,516 2009.09.02 00:27

짧은주소

본문

C.TESTは国際社会で中国語が母国語でない人の国際ビジネス、貿易環境での漢語の実際応用能力をテストするのに使われる実用中国語能力認定試験である。 新しい形式のC.TESTは北京言語大学中国漢語水平孝試中心で研究開発したことで中国と日本が連合して施行することになった。

C.TESTの研究開発過程:
C.TESTは対外的に中国語教学歴史が最も長くてその経験と実力が最も優れた北京言語大学で研究主題に選ばれた後北京言語大学の漢語水平孝試中心で研究開発したのである。 すべての研究開発人員は副教授級または修士以上学位所持者などで長年の間に中国漢語水平孝試(HSK)を研究開発した豊富な経験を持っている。

C.TESTの適用対象:
C.TESTは使用用途が広範囲な試験で実際漢語応用能力テストが必要な国籍、水準に関係なく皆受験することができる。 その他C.TESTは受験者の漢語の実際応用能力をテストすることになるのに国際ビジネス、貿易環境での漢語の熟練度を評価する根拠になる。 したがって各国各種行政機関、企業、機関団体でもC.TESTを漢語交流能力認証評価用途で使って要人採用、昇進、部署移動、職員教育などで活用することができる。

C.TESTの種類:
C.TESTは初級(E-F級)と中,高級(A-D級)二つの試験に分かれる。
初級(E-F級)はリスニング、文法/読解二つの部分で9ヶの問題類型の140ヶの問題で試験時間は115分である。
中.高級(A-D級)はリスニング、総合応用の2ヶの部分、10ヶの問題類型で160ヶ問題で試験時間は150分である。

C.TESTの点数体系:
C.TESTは初級と高級2ヶ等級、各等級に二種類の試験紙に分かれる。 初級はE級とF級に分かれて満点は500点で平均点数は300点である。 高級はA,B,C,D 4ヶ等級に分かれて満点は1000点で平均点数は500点である。

等級にともなう成績の他に各等級証書には部分別能力評価内容がある。 等級証書の評価内容には受験者のリスニング理解能力、読解能力および交際能力などに対する評価が含まれる。 こういう評価報告は受験者の日常生活、実際社会活動での能力判断の根拠となる。

C.TESTとHSKの区別点:
漢語水平孝試(HSK)は母国語が漢語でない(外国人、華僑、中国の少数民族を含む)人の漢語能力を評価する国際級標準試験である。 HSKは北京言語大学漢語水平孝試中心で研究開発した。 HSKを漢語TOEFLに比較すればC.TESTは漢語TOEICといえる。

1. 実用性重視:
HSKは受験者の一般言語能力をテストする試験でC.TESTは受験者の交際能力、生活と職場での中国語活用能力特に国際ビジネス、貿易環境での実際中国語応用熟練程度をテストする試験である。
 
2. ヒアリング能力重視:
受験者の応用能力を評価するためにHSKに比べてC.TESTはリスニング評価の比重が高いし、作文部分も比重が大きい。

3.広範囲な能力評価内容:
C.TESTは初級(E-F級)と中高級(A-D級)の2ヶ等級に分かれるのに能力差が大きくてHSKの基礎、初級、高級の3ヶ等級のほとんどすべての内容を含む。

4.試験材料公開:
HSKは試験内容を非公開することと違いC.TESTは告示後試験問題を完全に公開する。 これは中国語学習者の勉強に役に立って受験者のC.TEST国家試験の準備に有利である。

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 0건 1 페이지
HSKとC.TESTと違い

中国漢語水平考試(HSK)は母国語が中国語ではない (外国人, 華僑と中国国内少数民族含み)の中国語能力を測定するために設立された国家級考試で C.TESTは“実用漢語能力認定試験(Test of Practical Chinese)”の略称として母国語が中国語ではない外国人のビジネス, 貿易, 文…

열람중  C.TEST 実用中国語レベル認定試験

C.TESTは国際社会で中国語が母国語でない人の国際ビジネス、貿易環境での漢語の実際応用能力をテストするのに使われる実用中国語能力認定試験である。 新しい形式のC.TESTは北京言語大学中国漢語水平孝試中心で研究開発したことで中国と日本が連合して施行することになった。 C.TESTの研究開発過程:…

初中等HSK

初中等HSK * 初等あるいは中等の中国語能力を持っていて,400~2000時間の現代中国語教育を学習した期間と2000~5000ヶの中国語常用語彙とこれに相応する語法知識を把握している人が受験する事に適合した試験だ。 * 試験成績により初等は3~5級,中等は6~8級に区分され…

秘書HSK

秘書HSKとは秘書HSKは第1言語が中国語ではなくて秘書事業に従事する意向をもつ人を受験対象にする。 秘書HSKは中国語水準テストのために進行する国家級基準試験で中国国家漢語水平孝試委員会が中国首都師範大学に依頼して開設した職業中国語試験である。秘書HSKは受験者の秘書業務、日常生活および社会社交で…

HSK 高級試験を準備する時注意する点

Q1. どんな留学生たちが HSK高級試験に参加するのが相応しいか(1) 3000時間以上現代中国語を体系的に勉強したとか, 約 4年以上中国語を勉強した留学生;(2) 中国で全日制の小学校を通って、優秀な成績で卒業した留学生(3) 中国で全日制の中学校を通って、中学校成績 120点満点中、70点以…

高等HSK

高等HSKとは* 高等中国語能力を持っているし、3000時間以上の現代中国語教育を学習したことと、5000個以上の中国語常用語彙(甲, 乙, 丙, 丁級の常用語彙)とそれに相応する語法知識を把握している人に対象とした中国語能力試験である。 * 試験成績によって高等は 9~11級に仕分けされる。 …

HSK(漢語水平考試)とは

HSKとは HSKとは、中国の教育部(日本の文部科学省に相当)が設けた「漢語水平考試」の発音(Hanyu Shuiping Kaoshi)の頭文字の略称で、中国語を母国語としない中国語学習者のための唯一・公認の中国語能力認定標準化国家試験です。中国の国家漢語水平考試委員会は、HSKの全権を担い、中国…

HSK紹介

HSK 基礎 - 基礎中国語能力を持っているし,100~800時間の現代中国語を学習したとか, 400~3000個の中国語常用語彙とそれに相応する語法知識を把握している人に相応しい試験である。 総 140質問項目, 135分- 基礎は成績によって基礎 1~3級の証書が発給される。試験構成及び時間聴…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?