전체검색 결과

本文へ
サイト内検索

전체검색 결과

상세검색

中国 전체검색 결과

게시판
1개
게시물
13개

1/2 페이지 열람 중


中国文化 게시판 내 결과

  • 中国"龍"文化中国人はよく龍の子孫、龍の後継者と自負する。 ‘龍’は中国文化で特殊な意味を持った神と同じ存在で世界各地で中国血統を連係できる唯一の共同文化でまた中国歴史と文明を象徴する代名詞の役割をする。 龍は現実世界に存在しない想像上の動物で伝説では龍の角は鹿角と同じで頭はラクダ頭、目はウサギ、耳は牛、からだは蛇、うろこは鯉、足は鷹に似たと説明している。 伝説では龍を神秘な力を持った神に例えて空を飛ぶことができて人間世の中の水と火を支配してせきを一度すれば大地に豪雨が降り注いで息を一度吹くと大地が瞬間に凍りつく神秘な能力を持った存在に伝えられる。 現在にきて龍は精神的な財…

  • 中国結びは中国で独特な手工工芸品として数千年の歴史を持っている。上古時代から起源して唐と宋国の時大きく発展したし、明と清国の時一番多い人気をあつめた。 今日に至っても相変らず中国伝統文化の代表で人々から愛されている。 神を象徴する結び中国結びは長い歴史を持っているし、悠久な文化的融化で中国結びに独特の内容を付与するようになった。 “縄”は “神”と発音が似ていて中国文化の創始期に縄を崇拜したことがあった。また中国人は竜の子孫で縄は竜の模様を持っていて神聖なイメージを現わしたりする。 仕事と契約を代表する結び。昔から人々は結び目を結んで仕事を始める習慣があった。東漢鄭玄の『周易注』によると大きい…

  • "オリンピック盛鼎"は 2008年北京オリンピックの代表的青銅礼器として国際オリンピック史上初めて出現した 鼎(昔の食べ物を煮る事に使われた釜)でもある。この鼎の図案には黄河文化、伏羲文化、馬家窯文化、シルクロード文化と宇宙飛行文化の五大文化が含まれている。"オリンピック盛鼎"は高さが 2.9m, 周りが 2.008mになっているがこの数値は 2008年北京第29回オリンピックを象徴する。 "盛鼎"の上にある二つの耳は両方へ少し開けられているのにこれは中国で両腕を開けて世界各国の運動選手たちを歓迎して北京オリンピックのスローガンである…

  • 仙は(神仙)、(仙人)、(仙子)、(仙夫)、(仙公)、(仙客)とも言うし、 その形象が年寄りの場合には(仙翁)といって、女性の場合には(仙姑)だと言って、多人数の場合には(仙曹) または(仙衆)という。(仙)と言うのは神さまでもなくて人でもないが、 神さまのようでもあって人のようでもある。 (仙)は(神界)と人間を行き来して、 神秘感を加える。 先に(神)と(仙)、(仙)と(人)の差に対して調べる. ≪曉望洞天福地-中国的神仙与神仙信仰≫という本にはこのような内容がある。1.(神)は霊魂不滅の産物として、人が神さまに変わることであり、生きたまま神さまになる場合はない。(仙)は魂と肉体が共にに死…

  • 相声は中国説唱芸術種目で中国では老若男女を問わず、影響力が一番大きく観客たちが一番楽しむ人気種目である。 相声はまた中国説唱芸術中で一番コミック特徴を持ったユーモアの一種でもある。相声は清時代に形成されて最初の相声芸術家は蠑ꀀ三禄と朱扈贀文(1829-1904)であるものと知られている。 なかでも朱扈贀文は常に北京の中心通りで妙技をしたが先に道に白い砂を撒きながら太平家事などを言って観衆たちを魅力した後で相声を始めたと言う。これが初期の相声形式でもあった。当時は彼が代表する"朱派"と阿彦涛が代表する"阿派"と沈髟ソ福が代表する"沈派"…

  • 中国の玉璽文化は周国の時に始まって秦の時代に至って "璽"と"印"に仕分けされて皇帝が使うのは "璽", 大臣と民たちが使うのを"印"と呼んだ。 最初の玉璽は秦始皇の戦国璽なのにこれは世界で一番有名な "華氏壁"で彫刻されたのである。 華氏壁はその後で歴代王朝正統の象徴になったし皇帝たちは本人の玉璽を刻んで皇権と威容を現わした。 古代玉璽上に彫刻されたことは大部分 "竜"や獅子、 象など吉祥の獣だった。 玉璽の材質は大部分玉, 寿山石などになっている。 なかでも竜を応用したこ…

  • 道教は中国の伝統文化の一部分である。それは儒教・仏教と補い合って中国の人々に信仰を強く与えている。かって学者たちは、中国が宗教の薄弱な国家であると考えていたが、これは誤解である。統治者が西洋の各国の教会よりさらに強大な宗教の力に頼らなければ、人口が多く国土の広大なこの大国で数千年に及ぶほど長い間中華文明が維持されたはずがない。中国における所謂民族宗教といえるものとして紀元前二世紀頃発生した道教がある。また、紀元前一世紀にインドより渡来した仏教は中国の社会・宗教思想に深刻な影響を与え、ゾロアスター教、マニ教、景教、イスラーム教、キリスト教なども影響を与えた。中国では、神々の意志は、一方的…

  • 中国の玉文化は新石器時代の初期から始まり7000余年という悠久な歴史を持っている。世界の他の文化と著しい特徴と区別があります。玉文化は玉石を製作する各種工芸と商品によって形成され始め、観賞と審美の中で発展、 昇華されて来ました。 古代玉器は燦爛たる中国文化の一家族として、製作技術、 造形、 色彩で世界的に広く知られた。 各時代では数多い精巧な玉器たちが伝えて来ました。魅力的な色彩の古代玉器の貴重さは “黄金有価、良玉無価”と言う言葉もできた程です。 玉は尊貴, 屈強, 美しさの象徴で、人々は玉を天地霊気の結晶と信じて特殊な意味を付与してくれました。古代に玉器は身分と地位を象徴しただけでな…

  • 中国で酒の歴史は5千年前の龍山文化時期から始まるが、上古時代の用途は主に祭神用であった。人間社会が発展しながら、酒は人間の生活から抜け出られない嗜好品で変遷した。中国歴史記録によれば中国は夏王朝の時から酒を製造し始めたし、歴代の王候将相、英雄豪傑、文人墨客中で酒を好まない人は殆どなかったために、酒は古人らの物質的、精神的生活と社交の中で重要な役割をしてきたとも言える。 中国の人々は酒を良く飲む人を比喩するのに良い意味の海量と悪い意味の酒鬼がある。中国の人はたとえ酒を好んで飲んでも酒に酔っぱらうのをとても嫌いがるので中国では酒に酔ってふらつく人を見物するのが難しい。中国の人々は小さい酒杯にも…

  • 伝説によったら 4千余の前神農氏時発見なったことと知られていると言います。そして唐以後茶が大量栽培されました。茶を見つけたこととお茶を飲み物で利用したことは中国人たちが人類文化歴史に対する貢献とも言える。. 中国で茶を一番初めて飲んだ地域は四川省です. 四川省地域でも初めは薬剤に利用されたと言います。後に人々は生活の中で茶が薬剤で病気を治療するのに使われてまた飲んでも良くて、熱を引いて喉の渇きを解消するなど健康によいという点を見つけた後でたくさん飲み始めたんです。秦始皇が中国を統一した後お茶は四川省から全国地域で拡散し始めで西漢時代では薬から飲み物に完全に様変りするようになったんです。中国で一…


お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
198
어제
465
최대
733
전체
35,989


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.