전체검색 결과

本文へ
サイト内検索

전체검색 결과

상세검색

中国 전체검색 결과

게시판
28개
게시물
698개

6/70 페이지 열람 중


国際・政治 게시판 내 결과

  • 中国財政部の王軍副部長は22日北京で行われた「中国発展ハイレベルフォーラム2009年総会」の席上で、「中国経済の将来への勢いに困難や圧力、課題を数多く抱えているものの、中国政府は金融危機による影響を最小限に抑える自信がある」と述べた。 王軍副部長はその中で、「中国経済の基盤はしっかりしている。また、一連のマクロ政策が実施されており、その成果は一部の地域や業界で明らかになっている。中国は更なる複雑な情勢に対応する余地と能力を持っている」とし、「今年、中国経済の成長率は約8%の予期目標を達成できるだろう」と予測した。 「中国国際放送局 日本語部」より2009/03/22

  • 第一陣の中国不動産投資団21人は、2月25日から11日間の日程で、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ラスベガス、ボストン、ニューヨークの不動産を見学した。一行が引き起こした余熱が冷めないうちに、第二陣が来月18日に米国に向けて出発する。 同団の主催者である捜房ネットによると、第二陣には約200人の申し込みがあり、申請者の多くは年収20万から500万元までの企業の高級管理職だという。申請料金は1人当たり2万6000元で、見学コースは第一陣とほぼ同じだ。 米国以外の国も、国内不動産投資者の「底値買い計画」に入っている。捜房ネットの関連責任者によると、イギリス、日本、オーストラリア、スイス、シンガポ…

  • ▽ロイター通信「農村消費拡大にさらなる支援を期待」 中国政府は現在、「農村部での家電普及(家電下郷)」プロジェクト実施に財政補助金を支出するなどの措置を講じ、農村における消費需要の拡大に尽力している。しかし、農民の収入増を阻む壁や消費金融サポートシステム不備といった現状に対応するため、中央政府の努力に対するより多くの支援が望まれる。両会(全国人民代表大会と全国政治協商会議)の開催期間中、出席した各代表・委員は、農業産業化の促進強化、消費類のインフラ建設、農村の金融サポート強化などの基礎的な支援業務を同時に進めて初めて、農村の消費がスタートラインに立つことができると提言した。全国2億3千戸の農家…

  • 現在開催中の第11期全国人民代表大会(全人代)第2回会議で、09年の中国の国防予算が前年比14.9%増(624億8200万元増)の4806億8600万元に上ることが明らかにされた。中国の国防費の長年の持続的な伸びをどう見るかに、人々の注目が集まっている。(文:国防経済研究の専門家、衛和氏) まず最初に、中国の国防費が適度に限られたものであることに目を向けるべきだ。近年、中国の国防費が比較的大幅に伸び、すでに多額になったように見えるが、孤立的・一方的な視点ではなく、歴史的・連結的な視点で中国の国防費を注視・分析すれば、実際には決して多額ではないとの客観的な結論に至ることができる。歴史的に見ると、…

  • 全国人民代表大会代表で、海軍元政治委員の胡彦林上将は5日午前、中国は海洋大国として、航空母艦の建造が今後現実的に必要になってくる考えを示した。 第11期全国人民代表大会(全人代)に出席するため人民大会堂の東広場に到着した胡氏は同日、国内外の記者に囲まれ、「中国は航空母艦を建造するのか」という質問に対し、すべての主権国家に自国の必要に応じて航空母艦を建造する権利があると述べた。海洋大国である中国は現実的にも潜在的にも安全面の必要から自国の航母を所有すべきだ。改革開放30年余りの高成長を通じて、中国は総合的な国力を大きく高め、航母を建造する経済力と技術力を備えたという考えを示した。 中国の航母建造…

  • 世界の主要メディアは、5日の第11期全国人民代表大会(全人代)第2回会議の開幕を次々に報じ、現在の世界経済情勢の下で8%前後の経済成長率を堅持するとの中国の目標を積極的に評価している。 「ニューヨークタイムズ」は「中国、野心的な景気刺激策を打ち出す」との見出しの記事で、「中国指導部は経済発展戦略の重大な転換を模索している」と報道。米外交問題評議会(CFR)は「ニュースレター」で全人代の開幕をトップに掲げ、政府活動報告は経済成長を維持するとの雄大な構想を示したと指摘した。 ロイター通信は「温首相、中国の8%成長は実現可能と発言」との見出しで温総理の政府活動報告を報じ、「世界金融危機が深刻化し続け…

  • 先月27日の上海万博日本館着工式の様子。福田前首相(中)、上海万博執行委員会の鍾燕群・専従副主任(右)、吉川経済産業副大臣(左)が定礎式を行った。 最近、日本政府高官は国内の経済的困窮を救うために新たな外交関係の構築を余儀なくされている。1日には中国を訪問中の中曽根弘文外相が北京の中南海で国務院の温家宝総理、戴秉国・国務委員と会談し、両国関係や両国がともに関心を寄せる国際問題や地域問題について意見を交換した。「国際金融報」が伝えた。 その2日前の先月27日には、福田康夫前首相と吉川貴盛経済産業副大臣が上海市で、2010年中国上海世界博覧会(上海万博)日本館の着工式に出席した。上海日本商工クラブ…

  • 外交部の新しい報道官として馬朝旭氏が初めて登場 24日午後に行われた外交部の定例記者会見 中国外交部は24日午後に定例記者会見を行い、外交部新聞局の馬朝旭局長が初めて登場した。馬朝旭局長は2つのニュースを発表、11人の記者が質問した20の問題に答えて、最初の記者会見が無事終了した。馬朝旭局長に質問した外国人記者たちは、「新しい報道官は落ち着いていて言葉も簡潔で分かりやすく、質問によく答えてくれた」と話す。 外交部は、中国政府の部や委員会で最も早く定期的にニュースを発表し始めた機関の一つ。24代の報道官は、北京大学で国際経済を学んだ今年46歳の馬朝旭氏で、1986年に行われた「アジア大学弁論会」…

  • 米国のクリントン国務長官は20日夜、北京に到着し、3日間の訪問を始めた。 これはクリントンが国務長官の就任後、初めて中国への訪問である。訪問中、中国の指導者らはクリントン国務長官と会見し、中米関係、国際金融危機及びほかの注目している国際問題について、さまざまな意見を交換する予定である。 この前、中国外交部の報道官は、「中国側は今回の訪問を通じて、米国との対話を強化し、互いに信頼し、協力を拡大し、新時期の中米関係をよく発展していく」と指摘した。 「中国国際放送局 日本語部」より2009年2月21日

  • 中米関係は21世紀の世界で最も重要 米紙「ワシントン・ポスト」は15日、「クリントン米国務長官の初外遊の核心は中国」と題した論評を発表し、「ヒラリー・クリントン長官が、就任後初めて訪問するのは、アジアの日本、インドネシア、韓国、中国の4カ国で、中国はその中核だ。クリントン長官は中国の指導者に、両国政府のトップ層の定期的な協議を開催するよう提案し、昨年10月以来、膠着状態に陥っている中米の国防交流が、今後、好転する可能性がある」としている。 同紙の記事によると、クリントン長官は去年の大統領選の頃に、外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」に、「米国と中国の両国関係は21世紀の世界で最も重要である」…


お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
199
어제
465
최대
733
전체
35,990


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.