• ブックマック
  • オンライン 3
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

전체검색

00 전체검색 결과
게시판 - 1 개 | 게시물 - 391 / 4 페이지 열람 중
経済・産業 게시판 내 결과
  • 世界ブランド500社に中国の88社がランクイン

    世界ブランド組織、米中経済貿易投資総商会、米世界著名企業聯盟(WUVE)が選出した「2009年度世界著名ブランド500社」が9日に発表され、中国からは中国石油化工(シノペック)、中国石油天然気(ペトロチャイナ)、神華集団(シェンファ)、海爾集団(ハイアール)、長江実業(チョンコン)など88社がランクインした。 中国本土からは79社、香港から3社、台湾から6社がランクインし、これらの企業の売上高は平均で100億ドルを上回っている。 そのほか、国家電網、工商銀行、中国移動、建設銀行、中国人寿、中国銀行、農業銀行、中国電信、中国海油、遠洋運輸集団、中糧集団、中国聯通、五砿集団、中鋼集団、一汽集団、東…

    チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 전체게시물 2010-02-11 19:31:55

  • 上海のサービス貿易額、800億ドル突破の見込み

    楊国強・上海市商務委員会副主任は9日の上海商務情況報告会で、09年の同市のサービス貿易が総額800億ドルに達し、全国の4分の1を占めるとの見通しを示した。 09年の同市の実行ベース外資導入額は105億3800万ドル(前年比4.5%増)で、全国平均を7.1ポイント上回った。うち72.3%が第3次産業(同11.4%増)。流通業と商業サービス業の実行ベース外資導入額は平均3割以上と、さらに強い伸びを示し、関連サービス貿易の成長を牽引した。 同市に経済本部を設置した外資系企業は79社で、計755社となった。ただの製造企業と比べ、経済本部はより機能が揃っており、サービス貿易発展の潜在力が強い。…

    チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 전체게시물 2010-02-11 19:26:09

  • 初の国産大型旅客機、年内に100機の受注目指す

    中国商用飛行機有限会社プロジェクト管理部の袁文峰副部長は4日、シンガポール航空ショーで、初の国産大型旅客機の受注は今年から開始し、年末までに100機の受注を目指すことを明らかにした。また、20年以内に2000機以上を販売する長期目標を掲げている。買い手の大部分が国内企業になる見通しで、中国航空業のボーイングとエアバス機への依存度は低下することが考えられる。 中国商用飛行機有限会社市場マーケティング部の陳進部長によると、この中国初の大型旅客機は「C919」と命名され、座席数は168席、2014年に初飛行、2016年に就航する計画だという。 「チャイナネット」 2010年2月5日

    チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 전체게시물 2010-02-05 20:14:10

  • 中国、2010年の観光収入1兆4400億元を目指す

    国務院が打ち出した観光業の急速な発展に関する意見を全面的に実施する初めての年である2010年、国は観光業の総収入目標を前年比12%増加の1兆4400億元と設定した。また関連産業で新たに50万人の雇用を達成することも目標に掲げた。 国家観光局の邵叙ャ偉局長は25日に行われた2010年全国観光業務会議で次のように述べた。2010年には国内観光業が安定した急成長を保ち、海外から中国を訪れる入境観光市場が全面的に回復し、中国から海外を訪れる出境観光市場は引き続き緩やかに発展するとみられる。通年の発展目標は、国内観光客数を前年比13%増ののべ21億5000万人、国内観光収入を同13%増の1兆1500億元…

    チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 전체게시물 2010-01-26 11:20:44

  • 一号文書月末発表 今年の農業予算は7000億元に

    「三農(農業、農村、農民)」関連の中央「第一号文書」が今月末に公布される。「第一号文書」の形で三農問題に関心が払われるのは7年連続となる。 ある関係者は1月19日、一号文書の主な内容は都市・農村部の統一化と都市化問題で、戸籍制度改革に重点が置かれることを明かした。また、まもなく公布される「第一号文書」では、2010年も昨年と同様、農業補助の大幅な増加を基礎とし、補助資金を増やし、穀物を栽培する農民に対する良種開発、農機具購入、農業資本などにおける直接補助を増やすことが指摘されるという。2010年の中央財政予算の中で、農業問題に投下する資金は7000億元に達し、昨年の6000億元を上回る見通し。…

    チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 전체게시물 2010-01-26 11:19:03

  • 09年、中国の国産車販売台数が1300万台を突破 

    中国汽車(自動車)工業協会は11日、2009年の国産自動車の生産・販売に関する統計データを発表した。同年には生産・販売台数が1300万台を上回り、増加率は過去最高を更新した。乗用車の生産・販売台数は初めて1千万台を超え、商用車も全体として好調だった。自動車工業の急速な発展を受けて、中国は世界一の自動車生産・販売国となった。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。 同統計によると、昨年の国産自動車の生産台数は1379万1千台(前年比48.30%増)、販売台数は1364万4800台(同46.15%増)だった。乗用車は生産が1038万3800台(同54.11%増)、販売が1033万1300台(同52…

    チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 전체게시물 2010-01-13 20:30:54

  • 今年の中国農民1人当たり純収入は5000元超

    農業部の韓長賦部長は27日に開かれた全国農業作業会議で「今年の農民の収入は急速に増え、1人当たりの純収入は5000元を超えて、前年に比べ6%増の見通しだ。農民の収入は増え続けており、農村の消費増加や内需拡大に重要な条件を作り出す」と語った。 韓部長によると、国際金融危機の影響は去年第4四半期から深刻になり、国内外の農産物市場は不安定で、農民たちの農業から他の仕事に就く「移転就職」に大きなプレッシャーになった。これに対して農業部は、農業の構造調整を大いに推し進め、競争優位性と特色のある農業を積極的に発展させて、重要な農産物市場への監視や管理、リスク報告を強化した。また調整案を適時に実施して、農産…

    チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 전체게시물 2009-12-29 12:16:57

  • 中国の一人当たりGDP、2010年末に4000ドルに

    中国社会科学院・社会学所の李培林所長は21日、2010年「社会白書」の発表会・中国社会情勢報告会の席で、2010年末までに、中国の一人当たりGDPが4000ドルに迫ることを明らかにした。 李所長によると、ここ2年間の一人当たりGDP 、特に米ドルで計算した場合の一人当たりGDPは急速な増加を見せている。1978年から2000年まで、中国の一人当たりGDPを400ドルから800ドルに増やすまでは20年以上もかかった。また、「2020年までにややゆとりのある社会を全面的に構築する」という目標が制定された2000年には、「20年間で一人当たりGDPは4倍増となる」と予想されていた。つまり、800ドル…

    チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 전체게시물 2009-12-22 11:28:21

  • 大連に大型LED産業パーク建設 100億元超を投資

    半導体照明の産業基地「瓦房店光電園」が27日、大連で着工した。これは中国で建設されている最大のLED産業パークの一つで、面積は5平方キロメートル、総投資額は100億元超となる。 同産業パークへのプロジェクト投資額は2年間で30億元に達し、20件のプロジェクトが建設されるという。同産業パークの着工日には日本、マレーシア、中国の企業7社がそれぞれ投資契約に調印し、投資額は13億5000万元に達した。これらの投資は主に高効率LEDチップ、エピタキシャルウェハ、パッケージ、ディスプレイ、照明器具を含むLED製品の研究開発、生産、販売に使用される。 台湾晶元光電股莉ス有限公司、山西光宇半導体照明有限公司…

    チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 전체게시물 2009-10-28 20:07:53

  • 新中国成立60年、港湾貨物取扱量が700倍に

    2008年の青島港のコンテナ取扱量は1000万TEU(20フィート標準コンテナ換算)を突破し、世界優良港湾のトップ10入りを果たした。写真は青島港の前湾第3期コンテナ埠頭(2005年3月10日撮影)。 2008年、中国の港湾貨物取扱量は70億2200万トンに達し、6年連続で世界1位を維持し、1949年の700倍となった。 交通運輸部水運局の程武副局長は、中国の水上輸送は貿易貨物輸送量の90%以上を占めており、水上輸送はすでに内外をつなぐ重要な架け橋となり、経済グローバル化の流れに乗る上での戦略的ルートともなっていると指摘する。内陸河川の主幹線と沿海輸送は「北媒南運(北部の石炭を南部に送る)」…

    チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 전체게시물 2009-09-05 13:30:07

サイドメニュー

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?