전체검색 결과

本文へ
サイト内検索

전체검색 결과

상세검색

00 전체검색 결과

게시판
8개
게시물
111개

2/12 페이지 열람 중


経済・産業 게시판 내 결과

  • 中国社会科学院・社会学所の李培林所長は21日、2010年「社会白書」の発表会・中国社会情勢報告会の席で、2010年末までに、中国の一人当たりGDPが4000ドルに迫ることを明らかにした。 李所長によると、ここ2年間の一人当たりGDP 、特に米ドルで計算した場合の一人当たりGDPは急速な増加を見せている。1978年から2000年まで、中国の一人当たりGDPを400ドルから800ドルに増やすまでは20年以上もかかった。また、「2020年までにややゆとりのある社会を全面的に構築する」という目標が制定された2000年には、「20年間で一人当たりGDPは4倍増となる」と予想されていた。つまり、800ドル…

  • 半導体照明の産業基地「瓦房店光電園」が27日、大連で着工した。これは中国で建設されている最大のLED産業パークの一つで、面積は5平方キロメートル、総投資額は100億元超となる。 同産業パークへのプロジェクト投資額は2年間で30億元に達し、20件のプロジェクトが建設されるという。同産業パークの着工日には日本、マレーシア、中国の企業7社がそれぞれ投資契約に調印し、投資額は13億5000万元に達した。これらの投資は主に高効率LEDチップ、エピタキシャルウェハ、パッケージ、ディスプレイ、照明器具を含むLED製品の研究開発、生産、販売に使用される。 台湾晶元光電股莉ス有限公司、山西光宇半導体照明有限公司…

  • 2008年の青島港のコンテナ取扱量は1000万TEU(20フィート標準コンテナ換算)を突破し、世界優良港湾のトップ10入りを果たした。写真は青島港の前湾第3期コンテナ埠頭(2005年3月10日撮影)。 2008年、中国の港湾貨物取扱量は70億2200万トンに達し、6年連続で世界1位を維持し、1949年の700倍となった。 交通運輸部水運局の程武副局長は、中国の水上輸送は貿易貨物輸送量の90%以上を占めており、水上輸送はすでに内外をつなぐ重要な架け橋となり、経済グローバル化の流れに乗る上での戦略的ルートともなっていると指摘する。内陸河川の主幹線と沿海輸送は「北媒南運(北部の石炭を南部に送る)」…

  • 中国商務部は 6日にサイトを通じて "去年グローバル金融危機の中にも中国のサービス貿易成長は世界平均水準より高かった"と "中国のサービス貿易輸出入総額は 3044.5億ドルで前年より 21.3% 成長したが成長率は9%と低かった"と明らかにした。 商務部が発表した去年中国サービス貿易の発展状況を見ればサービス輸出の持続的な成長で 1464.5億ドルに達して世界順位が 2007年の7位から5位に上昇した。 輸出入赤字は115.6億ドルで去年同期間より 51.9% 成長したし、運輸と観光など伝統サービス業種の比重が下落した反面に保険、コンピューター、情報サ…

  • アップル社の携帯「iPhone」はこのほど、北米市場での売り上げでRIM社の「ブラックベリー」に追い越された。だが一方、中国市場での売り上げは1年余りで倍増している。 通信業コンサルティングのOvum社の報告によると、iPhoneは正式にはまだ中国に参入していないが、その他のルートで中国市場に流れ込んだiPhoneは100万台に達する。コンサルタントのIn-stat社によると、中国で使えるようにアンロックされたiPhoneは07年末には約40万台だった。iPhoneの中国での台数は1年余りで2.5倍となった。「iPhone販売を中国が正式に認めれば、その売り上げは一気に上がる」とOvum社は予…

  • 中国人民銀行(中央銀行)とアルゼンチン中央銀行は2日、通貨交換(スワップ)協定を正式に締結した。同協定の通貨交換規模は700億元に達する。有効期限は3年間だが、双方が同意すれば延長できる。「経済参考報」が伝えた。 国際金融危機の発生後、中国人民銀行は、危機対応のための国際・地域の協力に積極的に参加し、周辺の国・地域との多くの通貨交換協定を結んだ。中国人民銀行は昨年12月以来、中国香港・韓国・マレーシア・インドネシア・ベラルーシ・アルゼンチンの6カ国・地域の中央銀行および貨幣当局と、中国の外貨準備高の5%にあたる総額6500億元におよぶ通貨交換協定を結んできた。専門家によると、人民元決済の試行や…

  • 日本『産経新聞』は3月24日、「中国の平均GDPが3000ドル突破、経済は重大な転換期に」という文章を掲載した。 中国は2008年、国家成長段階の経済転換期と見られている「一人当たり平均GDP3000ドル」という指標を突破した。 中国の2008年の名義GDPは30兆670億元(4兆3200億ドル相当)だった。昨年末に発表された人口統計に基づいて計算すると、1人当たりの平均GDPは3260ドル超となる。 日本の平均GDPは高度経済成長期の1975年頃に3000ドルを越えている。日本は1964年に東京オリンピックを開催後、1970年に日本で最初の万国博覧会となる大阪万国博覧会を開催した。中国は20…

  • 2000億元の地方債が、既存の国債販売ルートを通じ財政部から代理発行されることがわかった。発行方法、発行対象、利率は国債と大きな違いはなく、違うのは債券名称が「国」名義でなく、地方政府となることだけだ。 現在財政部が発行する国債の種類は、主に記帳式国債と貯蓄国債の2種類。記帳式国債は電子記帳方式で債権を登録する国債で、流通や譲渡はできないが、期限前に回収することができる。上述の2種類を含む地方債の発行により、機関投資家と多くの住民は、既存の国債販売ルートを通じ財政部から代理発行される各省・市・区の地方政府債券を購入することができる。 中国社会科学院財貿研究所の高培勇副所長は、財政部が地方債を代…

  • 7.引き続き伸びる消費ニーズ、経済成長への貢献度大きく 社会消費財小売総額の伸び率は18%前後で、価格要因を考慮した実質伸び率は15%以上に達する。消費市場が活発さを維持するなかで、消費の実質伸び率の経済成長に対する貢献度は高まりそうだ。 今年、政府が打ち出す消費刺激策はより細分化・明確化されるが、市場は良好な発展を続け、消費市場は引き続き速いペースで発展していく。CPIの下落幅が大きいため、社会消費財小売総額の名目伸び率は昨年よりも大幅に鈍化するが、価格要因を考慮した実質伸び率は、基本的にこの数年間の平均的な水準を維持していくだろう。輸出の伸び率がマイナスとなる可能性もあるため、国内消費が需…

  • 世界経済フォーラム2009年年次総会が28日スイスのダボスで開かれた。5日間にわたる会議は「危機後の世界の再構築」というテーマをめぐって、金融危機や経済の衰退への対策などについて討議し、危機後の世界経済の新しい枠組を計画する。 96の国から2500人以上の代表が会議に出席し、そのうち、政府首脳が40人以上、国際機構の責任者が30人以上、及び40ヶ国の中央銀行の総裁や財務長官となっている。 温家宝総理をはじめとする中国代表団もこの総会に出席し、温首相は28日に開かれる特別会議で演説を行う予定である。演説で中国の金融危機への対応措置を紹介し、自信を固めて、共に困難を乗り越えるよう各国に呼びかける。…


お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
692
어제
753
최대
971
전체
122,473


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.