전체검색 결과

本文へ
サイト内検索

전체검색 결과

상세검색

00 전체검색 결과

게시판
8개
게시물
111개

3/12 페이지 열람 중


経済・産業 게시판 내 결과

  • 5.財政収支、昨年を下回り伸びは鈍化昨年の財政収入は、経済成長の鈍化や政策実施による減収といった影響を受けたため、上半期に高い伸びを示していたが、下半期に入ると伸びは鈍化した。一方、財政支出は過去最高の伸びを記録し、農業、社会保障、公共衛生など経済・社会で発展が遅れている分野、被災地域とその地域住民、科学技術・技術革新および、経済発展方式転換に関する支出が拡大した。今年は、国内外の多くのマイナス影響をもたらす問題に対応し、経済の安定的かつ比較的速い発展を維持するため、積極的な財政政策の実施が必要となる。政府は内需拡大を目的とした財政政策の効果を十分発揮させ、経済成長の維持に努め、構造調整の促進…

  • 3.楽観できない雇用情勢、製造業雇用に大きな打撃中国の雇用情勢は世界的な経済危機によるマイナス影響を受けており、今年も楽観することはできない。経済成長を牽引してきた製造業は最も多くの就業者を抱えているが、今後、世界的な経済危機の最も大きな影響を受けることは確実だ。製造業は今後数年間、大規模な調整を迫られるが、雇用面での打撃が大きいと見られる。製造業の最大の弱点は、最終製品の輸出を中心とし、国外のマーケティングチャネルや国外市場に過度に依存している構造だ。米国で発生した金融危機が世界金融危機と経済危機を招き、米国を中心とする国際市場での需要収縮が中国の大口輸出企業に多大な困難をもたらしている。第…

  • 1.金融政策の目標は成長維持、デフレ防止、リスク抑制 中国は今年も急速な経済成長を維持し、金融の安定運営を行いたいが、直面する困難は多い。しかし、インフレ圧力は明らかに昨年よりも低下しており、デフレの可能性すらある。こうしたなか、経済成長の急激な減速と金融リスクの高まりが、金融コントロールの主要な問題となりつつあることから、金融政策の目標を「成長維持、インフレ抑制」から「成長維持、デフレ防止、リスク抑制」に転換することになりそうだ。今年のマネーサプライM2伸び率は前年比14%前後となり、これにより人民元建て融資は通年で3兆8000億元前後に達する見通し。また、中国人民銀行(中央銀行)が引き続き…

  • アフリカのアンゴラを訪問中の中国の陳徳銘商務部部長は19日、新華社記者の取材で、昨年の中国とアフリカ間の貿易額は1068億ドルに達し、史上最高額だったと述べた。 陳徳銘部長によると、中国とアフリカ間の貿易額は、2000年に初めて100億ドルを突破して以来、8年連続で30%以上の伸び率を維持しており、とりわけ最近の中国とアフリカ間の経済貿易協力の発展は目覚しく、中国の対アフリカ投資も着実に伸びているという。2008年末までに、中国の対アフリカ直接投資は累計で50億ドルを上回った。 中国政府は今後4つの面で対アフリカ経済貿易協力に力を入れる。 1. 引き続き中ア貿易の規模を拡大し、アフリカからの輸…

  • 税関総署が4日に発表した分析報告では、2008年の中国の年間輸出入総額が前年比約18%増の2兆5500億ドル、年間貿易黒字は約2900億ドルになると予測されている。 税関のまとめによると、2008年1~11月期、中国の輸出入総額が前年同期比20.9%増の2兆3783億7000万ドルで、伸び率は2007年同時期を2.6ポイント下回った。そのうち、輸出は同19.3%増、輸入は同22.8%増。貿易黒字は合計2559億5000万ドルで、前年同期に比べて6.9%増となった。 データでは、2008年11月の単月の輸出入額の伸び率は前月の17.5%からマイナス9%に逆転した。そのうち、輸出の伸び率は前月の1…

  • 中国人民銀行(中央銀行)の易綱副総裁は「北京大学PE第1回年次総会」で、「中国人民銀行の最新の研究結果では、2009年のGDPの成長率は8%を確保でき、これをやや上回る可能性もある」と述べた。 中国が2008年第4四半期に積極的な財政政策とゆとりある通貨政策を実施して以来、2009年の中国のGDP成長率の問題はずっと議論の焦点だった。 1997年のアジア金融危機以降、8%成長の確保は中国のマクロ経済政策の指針となっており、産業界でも中国の経済発展を維持する上でのボーダーラインだ。 中国社会科学院人口と労働経済研究所の張車偉副所長は『中国経済週刊』のインタビューで、中国の経済発展の段階的特長だと…

  • 12月23日に開催された全国ビジネス会議によると、中国の外資誘致額は今年も引き続き増加する見通しで、2008年の年間外資誘致額は900億ドルを超えると予想され、17年連続で発展途上国のトップを維持する。世界でのグローバル投資が低迷する中で、中国の外資誘致額が相変わらず比較的速い伸びを示しているのは、容易なことではない。 第1~第3四半期の中国の非金融類対外直接投資は2.5倍の327億ドルに達し、海外での中国資本企業の資産総額はすでに3000億ドルを上回っている。 統計によると、1~11月の中国の対外プロジェクト請負の売上高は42%増の471億ドルで、対外労働力派遣は24.2%増の72億ドルだっ…

  • 19日に行われた全国工業・情報化業務会議において、工業・情報化部の李毅中部長は、「中国は今年年末から来年初めにかけて第3世代移動通信すなわち3Gライセンスの発行を行う。各通信キャリアは各自の発展計画に基づき、3Gネットワークの建設を早めており、来年・再来年の2年間で3Gへの投資は2800億元に達する」と述べた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。 工業・情報化部の計画によると、通信業務総量は2009年、今年比15%増、業務収入は6%増を目指す。 「人民網日本語版」2008年12月21日

  • 税関がまとめた統計によると、今年1--11月の対外貿易額は2兆3783億7千万ドルに達し、前年同期比20.9%増加した。うち輸出は1兆3171億6千万ドル(同19.3%増)、輸入は1兆612億1千万ドル(同22.8%増)。貿易黒字は2559億5千万ドルで同163億9千万ドル(6.9%)増加した。 11月の輸出入額は1898億9千万ドルで前年同月比9%減少した。輸出は1149億9千万ドル(同2.2%減)、輸入は749億ドル(同17.9%減)だった。 1--11月の一般貿易の輸出入総額は1兆1456億9千万ドル(前年同期比31.1%増)で、同期の輸出入総額全体に占める割合は前年同期を3.7ポイント…

  • 国務院の大規模な内需拡大策が発表されてから、中国各地でも様々な関連措置が打ち出されている。 北京市人民政府は12日、政府の内需拡大促進政策の実施に関する会議を開き、今後の同市の取り組みが決められた。 北京市は今後2年間に1200~1500億元の資金を投入する。これらの資金は主に、都市軌道交通建設の強化、いくつかのエネルギー資源の安全供給能力の増強、華能グループなど四大都市コージェネレーション・センター、北京市と陝西省間の第3天然ガス輸送パイプラインや「南水北調」関連のプロジェクト建設の加速化、民生改善プロジェクトの推進、森林公園と緑色回廊などの生態環境保護関連プロジェクトの推進に用いられる。…


お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
466
어제
556
최대
580
전체
6,044


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.